TOP > 記事 > ディーラー販売品質ハイデザインのアイテムをリリースし続ける「JEPPESEN」

ディーラー販売品質ハイデザインのアイテムをリリースし続ける「JEPPESEN」

Jeepのカスタムパーツを中心に、カーパーツ&アクセサリー開発を手掛けるTUS JAPAN(ティーユーエス ジャパン)。自社デザインによるJEPPESEN(ジェップセン)ブランドを展開し、他にはない個性ともの作りへのこだわりを感じさせるところだ。

JLラングラー用のパーツでいえば、いわゆるゴリゴリのオフロード用パーツのリリースは少なく、カスタムエントリーとして手頃なものや、日常使いで活躍する利便性の高いパーツ、都市部にも似合う高いデザイン性を備えたアイテムをリリースしている。
 その背景には、TUS JAPANを創業する以前に、長きに渡り自動車用品メーカーでデザイナーとして、またデザインに関わる部署のまとめ役として、パーツの製作に携わってきた鈴木代表の存在がある。アフターパーツメーカーのエアロパーツデザイン、自動車メーカーのエアロパーツや内装パーツなど、要求されるレベルが非常に高い仕事を行ってきたことで、ハイクオリティなアイテムを作り出すノウハウを得てきた。また、自身のアイデアを商品化するまでの過程では、素材の吟味やマーケティングなど、独立する前の経験をフルに生かし、JEPPESENブランドを高めることにも成功。さらに鈴木氏はこう語る。
「JLラングラー以降、既存する商品や流行に寄せないようにアイデンティティと商品性を商品開発の重要課題としています。商品性を高める上で機能性とデザイン性の両立にはその根拠があり、それがJLオーナーに理解されJEPPESENブランドの成長につながっていると思っています。国産車のような販売台数ならばある程度の開発費を投じて限りなく純正品スペックな商品に仕上げられますが、JLラングラーの国内販売台数の中に存在するカスタム比率を考え、販売価格と製品スペックのバランスを取りつつ、レスポンス良くリリースして行く。そのロジックにスタイリッシュかつタフで格好良いデザインを与える事がJEPPESENブランドの特徴です。「1人でも多く」ではなく限りなく全てのオーナーさまに満足してもらえるアイテムになると信じて日々モノ作りに励んでおります」

JLオーナー必見の便利アイテムが続々登場!

UNLIMITED SAHARA 2.0T BIKINI EDITION

RUBICON

ルビコニックフォグベゼル

ルビコニックフォグベゼル。日本仕様のバンパーをルビコンルックに変更するベゼル。純正フォグベゼルを外し交換するだけの手軽なアイテム。

タクティカル リアバンパー

 
リアバンパーはフル交換タイプ。ナンバーを右側に移設し、ナンバー灯も備わる。リアのフォグランプは純正品を流用している。

スェーディーヘッドライナー

開発に1年以上を費やした力作のスェーディーヘッドライナー。FRPルーフに高い断熱効果と防音効果を発揮するアイテムで、車内の暑さと寒さに対し約10℃の断熱効果が得られる。エアコンの稼働時間が減少し燃費の向上も望める。素材はPVCレザーで人口スエードタイプ。ルーフ全面とクオーターガラス用の9ピース構成で、7月から発売となった。

ウエザーフード

リアガラスの開閉時、雨水などを左右に振り分けてくれるウエザーフード。必須といえる便利アイテムだ!

アンチノイズ

リアゲートに貼るだけで、そこから発するキシミ音を効果的に抑制するアンチノイズは、既にヒット商品。

JEPPESEN MJCR #216

JEPPESEN MJCR #216は、ラングラーJL・ルビコンが履くホイールをオマージュしつつ、さらに攻めのコンケイブ形状とビードロックライクなリムフランジデザインを採用した斬新なフォルムを持つ。ルビコンが履くカラーは、新色のフラットブラック/ダイヤモンドカット。

タクティカルエキゾーストマフラー

3.6Lルビコン、3.6L、2Lターボと3タイプの保安基準マフラー。車検対応でありながら、心地良くジェントルなサウンドを奏でる。

マップライトシングル
マップライトダブル

ノーマルには存在しないフロント上部とリアの左右に設置できるLEDマップランプ。シングルタイプはスカイワンタッチにも装着可能。

フォグハーネスカバー

JLライトカスタムの定番クローズアウトカバー外し。剥き出しになるフォグハーネスを隠し保護する人気アイテム。
ナンバーを上部に移設するブラケットで、スタイリッシュなフロントビューが得られる。またフロントカメラ移設ブラケットは、コンパクトなスキットプレート風デザインを採用し、ドレスアップ効果も与えられている。

●レッツゴー4WD公式チャンネル

https://youtu.be/4S2n1gpRArk