こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

YOKOHAMA

  • 注目アイテム

キャラも見た目も違う2つのオールテレーン、どっちを選ぶ?

4WD/SUVをさらなる高みへとブラッシュアップしてくれるオフロードタイヤという存在。ここではオールラウンドミニバンのデリカD:5にGEOLANDAR(ジオランダー)が誇る2種類のA/Tタイヤを装着。それぞれを比較・検証して魅力を探ってみる!
  • 4WD・SUV専用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」シリーズ。オールテレーン(A/T)、マッドテレーン(M/T)、ハイウェイテレーン(H/T)に加え、最近では環境に対応したエコタイヤやM/Tの性能をより特化させたタイヤ(X‐MT)、見た目と性能にA/TとM/Tの中間的なキャラクターを与えたタイヤ(X‐AT)を設定するなど、ユーザーのニーズを全方位で満たしている。今回はそんなジオランダーの中から、スタンダードなオールテレーン「ジオランダーA/T G015」と、新しいキャラクターの「ジオランダーX‐AT」という2つのA/Tタイヤをピックアップした!

     

    まず、ジオランダーA/T G015は新たにサイズ設定された“LT245/65R17″をセレクトして、後期型D:5にマッチング。G015にはPCパターンとLTパターンと、2タイプのトレッドパターンが用意されているが、今回のサイズはLTパターンを採用。荒々しいブロック、角張ったショルダーといったアグレッシブなルックスとパフォーマンスに加え、アウトラインホワイトレターのサイドウォールは、D:5ユーザーのカスタムマインドを捉えそうだ。G015にはさらに美点がある。それは“スノーフレークマーク”が刻まれていること。これは欧州で冬用タイヤと認められた証で、厳しい寒冷地でも十分な性能を発揮することを認証されたもの。G015は“オールシーズンタイヤ”として使用でき、高速道路の冬タイヤ規制もクリアできる(チェーン規制の場合はチェーンの携行が必要)。

     

    一方、もう1台のD:5にはジオランダーX‐ATを装着。サイズはLT235/70R16で、約1インチアップを施したD:5にはピッタリの、お馴染みのサイズ(ホイールの選択によってはノーマルD:5での装着も可能)。このX‐ATの特徴は、まるでM/Tタイヤのようなブロックパターンを採用したワイルドなルックスに、A/Tタイヤ並みのオンロードの快適性と強力なオフロードトラクション性能を両立させていることだ。

     

    実際、先に紹介したG015はスノーフレークマークを獲得するなど、冬道にも強いコンパウンドを採用しているが、一方のX‐ATはマッドテレーンタイヤに近いコンパウンドを採用。耐久性に優れるタフなスペックを満たす。それでいながらオンロードでは静粛性に優れ、しなやかな乗り心地を提供している。

     

    もちろんタフさをアピールするルックスはドレスアップ性に優れているが、それとは裏腹な実性能も、ファミリー派の多いD:5のユーザーに強くアピールしているのだ。

     

     

  • GEOLANDAR A/T G015

    サイズ展開[15、16、17、18、19、20インチ]

    4本のストレートグルーブをメインに、3Dサイプを刻んだトレッドブロック、マルチプル・ラググルーブなどを特徴とする本格オールテレーンタイヤ。オンロードの快適性とタフなオフロード性能の両立だけでなく、スノーフレークマークが刻まれ、冬道にも安心の“オールシーズンタイヤ”としての性能も満たす。耐摩耗性、低温下でのしなやかさ、カットやチッピングに対する耐久性など、多様な路面環境に対応。

     

     

     

  • GEOLANDAR X-AT G016

    サイズ展開[14、15、16、17、18、20インチ]

    M/Tタイヤの要素を加えてよりアグレッシブなA/Tタイヤが、このジオランダーX-AT。装着したのはLT235/70R16でD:5ユーザーには人気サイズ。ノーマル車高〜2インチアップに対応。マッドテレーンタイヤ系のコンパウンドを採用し、耐摩耗性・耐カット性を確保。ショルダー部には2つの、センター部に4つの異なる形状のブロックを配置して、オフロードのトラクション性やオンロードの快適性、さらにウェット性能までをも考慮したM/TとA/Tの中間を担うキャラクターのタイヤ。サイドにもトレッドデザインが伸張するように、凹凸の大きなブロックを展開。しかも両サイドで異なるデュアルサイドブロックデザインを採用し、好みの側を表にできるのもポイントだ。サイズはLT規格が中心だが、軽トラックサイズからSUV対応まで幅広く展開する。

     

    大型ブロックタイプデザイン

     

    ラグタイプデザイン

     

  • X-ATジムニー装着可能サイズ[195R16C]にホワイトレターを用意

    中~大型4WD向けサイズを中心に展開する「ジオランダーX-AT」。そのサイズバリエーションの中でも貴重な、主にジムニーに対応するサイズ〝195R16C〟に、アウトラインホワイトレター仕様の新しいバリエーションが加わった。ちなみに「X-AT」の部分はベタホワイト。ジムニーJB64のどこかクラシカルなエクステリアに、ナイスルックなホワイトレターの組み合わせは秀逸。より愛車を引き立てること間違いなしだ!

     

    オンロードでの快適さ・操縦安定性の高さは、この見た目にして、ジオランダーA/T G015と同等レベルで、乗り心地も良好だ。

     

    荒れた路面のダートでも小気味のいい身のこなしをみせるし、湿った黒土のモーグルも気持ち良く路面を捉える。M/Tタイヤならまだしも、A/Tタイヤにはかなり厳しい条件だったが、X-ATは登りや斜面を難なく走った。ジムニーのブレーキLSDとの相性も抜群だった。

     

     

     

     

    YOKOHAMA 横浜ゴム株式会社
    所在地●〒105-8685 東京都港区新橋5-36-11
    電話番号●0120-667-520(フリーダイヤル)
    受付時間●9:30~12:00/14:00~17:00(平日)※祝日を除く
    URL●https://www.y-yokohama.com

特集一覧に戻る

おすすめ記事

  • RMP/RMP RACING

    注目アイテム

    RMP/RMP RACING

  • WORK

    注目アイテム

    WORK

    輸入車から軽自動車まで、あらゆる車種のアルミホイールをオールラインナ…