こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

SUV向けFALKENタイヤWILDPEAKの「M/T01」「A/T3W」ともに高評価

  • 注目アイテム

最新の成果を盛り込まれた高性能を体感できる!

低燃費タイヤからモータースポーツ向けタイヤまで様々なカテゴリーを〝ON THE PULSE〟のコンセプトのもとに展開するグローバルブランド「FALKEN」から届いた4WD・SUVタイヤブランド「WILDPEAK」が国内でも確かな評価を獲得中!
  • ワイルドなデザインながら快適性も十分

     

    ダンロップの「GRANDTREK(グラントレック)」が安心と信頼の国産ブランドなら、同じ住友ゴムの中でもFALEKN(ファルケン)発の4WD・SUV専用タイヤ「WILDPEAK(ワイルドピーク)」シリーズは、日本生まれ欧米育ちの印象の通り攻めた印象のブランドとなる。このワイルドピーク、北米市場で絶大な人気と信頼を集めるグローバルブランドだったが、2019年に国内凱旋。日本導入以降は、圧倒的なパフォーマンスとツボを押さえたサイズ展開で、人気と魅力を増している。

     

    過酷な路面状況でも高いトラクション性能を発揮するオフロードタイヤ「WILDPEAK M/T01」と、さまざまな路面状況・天候において高いオールラウンド性能を発揮するオールテレーンタイヤ「WILDPEAK A/T3W」と、そのラインナップは大きく2つあるが、先述の通り、当初のバリエーションからサイズを拡充し、なんと純粋に日本向けタイヤと言っても過言ではない、ジムニー用サイズもリリースしている。

     

    オールテレーンタイヤ「A/T3W」に設定されたのはジムニー純正同等の175/80R16。ロングライフ性能とウェット性能を両立するため、“シリカトレッドコンパウンド”を採用。さらにトレッドは荒々しいブロックが並ぶマッドテレーン風で、いわゆるストレートグルーブをメインに構成する一般的なATタイヤよりアグレッシブ。つまり、サイドウォールのデザインと合わせて、ラフロードでのトラクション性能が高い。そう、最近の主流でもある〝エクストリームなオールテレーン〟という雰囲気だ。

     

    一方のマッドテレーンタイヤ「M/T01」に設定されたサイズは185/85R16LT。ジムニーにとってはお馴染みのカスタマイズサイズで、20㎜以上のリフトアップ車に対応。このM/T01は北米仕様のJeepラングラールビコンに純正採用されるほどの本格マッドテレーンタイヤでもある。溝の深い大きなブロックが横に並ぶようなトレッドデザインとブロック端の階段状の傾斜がパターン剛性を向上し、マッドやロックといったあらゆるオフロード路面で優れたトラクションを発揮してくれる。マッドでは主溝の排泥性能を補助し、ロック路面ではトレッド溝底への石噛みダメージを緩和する“ディフェンスフューチャー〟、タイヤサイドのブロックが鋭利な石からのカットを防ぐ“アグレッシブアッパーサイドウォール〟など、様々なオフロード走行への配慮がなされている。

     

    そんなわけで、この2タイプの『WILD PEAK』をジムニーJB64に実装し、フィーリングをチェック。オンロードではA/T3Wが静粛性の高さと滑らかな乗り味を発揮。一方ヒルクライムやダートといったシーンでもATタイヤに期待する以上のグリップ感がある。逆にオフロードでのM/T01のタテにもヨコにも路面を捉える力は高評価。オンロードやダートを走っても剛性感の高い乗り味を披露し、ダイレクトなハンドリングにも繋がっているようだ。

     

    双方とも見た目はワイルドだが、乗ってみるとむしろ最新タイヤだな、という印象。グリップ感と共にしっかりと快適さが感じ取れた。

  •  

     

    剛性を高めたトレッドパターンと専用開発されたシリカコンパウンドを組み合わせたファルケン流のオールテレーンタイヤ。オンロードからオフロードまでを高いレベルでカバーするオールラウンドなキャラクターが持ち味で、サイズも様々な4WD・SUVカスタマイズに対応。

     

     

    トレッドパターンやサイドウォールはラフロードを攻めたり、街乗りの快適さを両立するために開発されたことが見て取れる。結果一般道ではソフトな乗り心地でタイヤノイズも小さく、コツコツ感や振動はまったく気にならない。高速クルージングに至っても快適そのもの。一方ダート路面では素直なハンドリングや蹴り返しの強さを十分体感できるし、ウェット時のグリップ感も信頼できるもの。

     

     

    もし乗る機会に恵まれたなら、純正タイヤの代わりにもなるし、本気の遊びにも使えることも強く実感できるはず。

     

    まるでM/Tタイヤのように配置されたトレッドブロックにより、タテ方向・ヨコ方向ともに十分なトラクション性能を確保している。

     

  •  

     

    ワイルドピークM/T01は、過酷な路面状況でも高いトラクション性能を発揮するオフロードタイヤ。最高峰オフローダー・ラングラールビコンが純正採用するなど、評価は高い。

     

     

    マッドテレーンならではのアグレッシブなルックスと個性的なトレッドパターンは、ラギッド&リジッドトレッドブロックと名付けられ、ブロック端の階段状の傾斜がパターン剛性を向上させながら、マッド・ロックといったハードなオフロード路面で優れたトラクションを発揮。さらにマッド路面では主溝の排泥をサポートしてグリップを確保。ロック路面ではトレッド溝底への石噛みによるダメージを緩和するマッド&ロック ディフェンス フューチャーにより、オフロードでの安定感を高めている。サイドはA/T3Wにも採用するアグレッシブアッパーサイドウォールにより、耐カット性を確保したほか、若干の低空気圧走行にも対応できる剛性を確保している。

     

     

    オンロードでもサイドの剛性が高くキビキビしたハンドリングを楽しめるのが特長。ドライ/ウェットを問わずグリップが安定している。

     

     

    ◆ファルケンタイヤ (住友ゴム工業株式会社) : https://www.falken.co.jp

特集一覧に戻る

おすすめ記事

  • OUTBACK

    注目アイテム

    OUTBACK

    「ARB」の頼りになるアイテム群 “オフロードの聖地”とも称されるオース…
  • SANO AUTO

    注目アイテム

    SANO AUTO

    「ビンテージランクルが欲しいけど、やはり信頼性や安全性が心配。かとい…