こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

JAOS

  • 最新デモカー

挑戦・進化し続ける〝4WD・SUV専門メーカー〟の最新パーツ群

元号が昭和から平成に変わる頃4WDブームが巻き起こった。当時はグリルガード/リヤラダー/ルーフラックの3点を装着するのが当たり前で、ジャオスはそうしたカスタムスタイルを牽引。そして、それは「JAOSスタイル」と呼ばれていた。時が流れ、いわゆる四駆だけでなく、乗用車ライクなSUVの登場でエアロスタイルの人気を集めたが、今アウトドアブーム再燃とともに、タフなスタイルが脚光を浴びている。 時代の流れを鑑みて、ジャオスは新たにルーフラックの開発をスタート。現在純正オプションを含め様々なルーフラックがあるが、ユーザーが求めるジャオスらしさを検証し、「安心」「高品質」「高耐久性」を満たす純国産品にこだわり続けている。
  • TEAM JAOS Rally PROJECT & TEAM JAOS HILUX 2020 ver.

    近年のジャオスを象徴するのが、アジアクロスカントリーラリーへの参戦をはじめとするラリー活動「TEAM JAOS Rally PROJECT」だ。2015年の30周年記念事業としてラリーへの参戦はスタートしたが、2019年までの過去5度のラリーへの挑戦はいずれも完走、総走行距離は12,000㎞にも及んでいる。こうした活動は、機能パーツ群の開発や実験、そしてパーツへのフィードバック、ジャオス自体のプロモーション、さらにスタッフ育成の意味合いがある。世界的なコロナ禍で消化不良となってしまった2020年の活動だが、一方で新たにパートナーシップを締結したTOYOTIRESとの共同プロデュースによってプロモーションビデオを制作するなど意欲的に活動(公式ユーチューブなどで公開中)。2021年がどうなるかは不明だが、今後もAXCRに限らず、他の海外ラリーレイド参戦への道筋も模索し、マシンは途切れることなく熟成を進めていくという。

  • JAOS スポーツカウル・スタイル/ジムニーシエラJB74

     

    ジムニーのスポーティ性をさらに高める前後のスポーツカウル。バンパー下を切り上げたデザインで、オフロードでのヒットを軽減する。フロントは純正フォグランプを移植でき、リヤはテールランプやリフレクターに専用品を付属。今回の仕様はシエラJB74専用品でジムニーJB64とはボリューム感など細部が異なる。スポーツカウル専用に開発されたマフラーを装備。カウルとテールエンドの距離を重視した形状だ。もちろん、純正バンパー用も用意。

     

    ドアハンドルやアンダーガードといったプロテクションアイテムも人気だが、シエラ用の新作はサイドシルプロテクターやリヤフェンダープロテクター。意外と汚れやすく、傷つきやすい部分だけに、しっかりとボディを守りたい。

     

    タイヤはTOYO TIRESのホワイトレター仕様のオープンカントリーをセレクト。ジムニーシエラのキャラクターを考慮してM/Tを装着。専用設計といえる仕上げのJAOSオリジナルホイールも注目。シエラのホイールは高い耐久性と軽さを両立したスポーティなEXCEL JX3を組み合わせている。

     

    ●JAOS マットブラック ●JAOS フロントスポーツカウル用スキッドプレート
    ●JAOS リヤスポーツカウル マットブラック ●JAOS フロントグリル マットブラック
    ●JAOS サイドシルプロテクター ●JAOSフェンダープロテクター
    ●JAOSルーフラック(試作)
    ●VICTRON EXCEL JXⅢ(装着サイズ:16×5.5J+20/5H-139.7) ほか
    ※装着タイヤ:TOYO TIRES オープンカントリー M/T(225/75R16)

  • JAOS スキッドバー・スタイル/デリカD:5

    前後バンパーにボルトオンで装着できるスキッドバー。4WDらしさが格段にアップするのはもちろん、バンパーへのキズも予防。フロントはランプステーと
    しての機能を有している。

     

    マットブラック塗装品が登場したフロントグリル。ノーマルのメッキグリルからブラックとすることで、4WDらしい精悍な雰囲気に一新。グリルのアッパー部には3連LEDデイライトを装備。

     

    タフに使える品質、安心して乗降できるグリップ、JAOSの抜き文字を採用したアピアランスなど、機能とデザインを両立したリヤラダーⅡ。前期型D:5からのベストセラーアイテムで、ルーフラックとあわせて装着したい。比較的コンパクトでオトナ向けなデザインのルーフスポイラー。もちろん、人気アイテムのリヤラダーと同時装着できるように設計。

     

    タイヤはTOYO TIRESのホワイトレター仕様のオープンカントリーをセレクト。デリカD:5のキャラクターを考慮してR/Tを装着。専用設計といえる仕上げのJAOSオリジナルホイールも注目。リム部の凹凸が逞しく足もとに力強さを加える5スプリットディッシュスポークのADAMAS BL5を組み合わせている。

     

    ●JAOS フロントグリル マットブラック ●JAOS フロントスキッドバー(ブラック/ブラスト)
    ●JAOS フェンダーガーニッシュTypeS(運転席側) ●JAOS フェンダーガーニッシュTypeX(助手席側)
    ●JAOS リヤスキッドバー(ブラック/ブラスト) ●JAOS リヤラダーⅡ(ハンドレール付)
    ●JAOS ルーフスポイラー type-B ●JAOS ルーフラック(試作)
    ●JAOS マッドガードⅢ デリカD:5専用
    ●BATTLEZ リフトアップセットVFCA ●BATTLEZ マフラーZS-S
    ●ADAMAS BL5ホイール(16×7.0J+40/5H-114.3) ほか
    ※装着タイヤ:TOYO オープンカントリーR/T(235/70R16)

  • JAOS スキッドバー・スタイル/ハイラックス後期型

    2017年に国内で再販されて瞬く間に人気車となったハイラックス。2020年のマイナーチェンジ後もそれは変わらない。ただし、もともと乗り心地には不利なリーフスプリングのハイラックスだからこそ、乗り心地を改善しようとサスペンションを積極的に開発してきたジャオス。そのフィールドのひとつはもちろん、右ページにある通り、ハイラックスによる海外ラリーへのチャレンジだ。これにより、サスペンションのノウハウは蓄積されるし、ユーザーからの信頼も得られる。

    そんなジャオスが仕立てたハイラックス・デモカーの今回のスペックは、リヤは純正リーフに減衰調整式ダンパー、フロントはリフトアップコイルに減衰&車高調整機能付ダンパーの組み合わせ…つまり、リフトアップというより前後の姿勢を調整とダンパー交換によって快適性とスタビリティの向上を図るもの。なお、装着するホイール「トライブクロス」にはオープンカントリーМ/Tを組み合わせだ。

    エクステリアでは、定番フロントスキッドバーの安定感はもとより、ロックレール的なワイルドさと使い勝手の良さを両立したサイドステップ、新設定されたABS製オーバーフェンダーの面精度の高さなど、派手ではないがよく煮詰められたアイテムで全身固められていることが分かる。もちろんまだまだハイラックス用のパーツ開発は続行中だ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ●BATTLEZ リフトアップセット VFCA ver.A ●JAOS オーバーフェンダー type-X ●JAOS インナーフェンダー ●JAOS フロントスキッドバー ポリッシュ/ブラスト ●JAOS スキッドプレートⅢ ●JAOS マッドガード車種別取付キット ●JAOS マッドガードⅢ汎用タイプL ●JAOS 牽引フック リヤ ●JAOS サイドステップ ポリッシュ ●JAOS ドアハンドルプロテクター ●BATTLEZ マフラー ZS-S TC チタンカラーテール
    ●BATTLEZ ブレーキパッド type-EX フロント ●BATTLEZ サクションホース
    ●JAOS TRIBE CROSS(17×8.0J±0) ほか ※装着タイヤ:TOYO TIRES オープンカントリー M/T(LT265/70R17)

  • JAOS スポーツカウル・スタイル/ラングラー

    JAOSラングラーJLはフロントスポーツカウルをメインにボディメイク。樹脂製ながらスチールテイストの日本製バンパーの評価は高い。ラングラーJL用にブランド初のモノチューブダンパー「BATTLEZ ダンパーMS」を設定。高圧ガス由来の特性で強い接地感やマイルドな乗り心地を実現。

     

     

    ●JAOS フロントスポーツカウル ●JAOS フロントスポーツカウル用スキッドプレート ●JAOS サイドステップ ●JAOS マッドガードⅢ
    ●BATTLEZ リフトアップセットMS ●BATTLEZ マフラーZS-4
    ●ADAMAS BL5ホイール(17×7.5J+44/5H-127)  ほか
    ※装着タイヤ:TOYO TIRES オープンカントリー R/T(285/70R17)

  • JAOS スキッドバー・スタイル/ LC150プラド

    JAOSスキッドバー、スタンダード仕様からブラックエディションまで、一切干渉せず装着可能。デモカーはブラックスキッドバーに、プレートがブラスト仕上げを装着。BATTLEZリフトアップセットの装着により、オープンカントリーR/T 285/70R17の装着が可能。ホイールは2020年デビューのTRIBE CROSSをセット。フェンダーガーニッシュと共に装着できるようにインセットは20と±0をラインナップ。

     

     

    ●JAOS フロントスキッドバー(ブラック/ブラスト) ●JAOS LED フォグランプ 26Cクリアー ●JAOS フェンダーガーニッシュ type-X ●JAOS ブラックサイドステップ ●JAOS スキッドプレート type-R ●JAOS リヤスキッドプレート ブラスト ●JAOS プラド専用マッドガードⅢ ●BATTLEZ リフトアップセット VFCA ●BATTLEZ テールパイプフィニッシャ― TF-S TC ●TRIBE CROSSホイール(17×8.0J+20)  ほか
    ※装着タイヤ:TOYO TIRES オープンカントリー R/T(285/70R17)

     

    JAOS ジャオス
    所在地●〒370-3504 群馬県北群馬郡榛東村広馬場3586-1
    TEL●0279-20-5511 FAX●0279-20-5549
    受付時間●9:00~18:00(平日)※祝日は除く
    URL●https://www.jaos.co.jp e-mail●info@jaos.co.jp

特集一覧に戻る

おすすめ記事

  • STAGE FOUR

    最新デモカー

    STAGE FOUR

    国内屈指の歴史を誇る四駆プロショップであるステージ・フォー。 常にU…
  • QUADRUPED Customs

    最新デモカー

    QUADRUPED Customs

    横須賀市芦名に位置するクワドロペット。4WDやSUVを中心に、バイクやボー…