こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

4×4 Engineering

  • 最新デモカー

新型車用のサスペンションキットや新たなアイテムの開発を続々と計画中!

カンサスのラインアップが追加され待望の新ホイールAir/GMassiveが登場!

「カンサス」や「ブラッドレー」など、長年に渡り四19駆を愛用するユーザーには、非常に馴染み深いブランド と言える4×4エンジニアリングサービス。昨年の夏には新たなホイールブランド「Air/GMassive」を立ち上げ、今まで以上に多方面・他車種への展開を計画中だ。 これまでFJクルーザー用のリフトアップキット「カントリーサスペンションKIT」はリリースされていたが、待望の150プラド2.7lガソリン車用をリリース。また、基本的に同じ構造のサスペンションを採用するハイラックス用の開発も着手。また新型D:5やジムニーシエラ用も今後は予定しており、ユーザーにとっては待ち遠しい。かつてのカントリーサスペンションキットは「質実剛健」「オフロード性能の向上」といったハードな面に焦点を当てていたが、近年のユーザー層の変化に合わせ、乗り心地も重視。減衰力が40段階で調整可能な上、細かな振動を吸収・抑制するKYBのハーモフレック®機構を内蔵。オン/オフを問わない高い安定性に加え、乗り心地と性能も追求させる点は、半世紀近くにわたり4WD専門ブランドとして展開してきた誇りすら感じる。他にも大ヒット中の新型ジムニー用パーツを続々と展開中。サスペンション、アルミホイールに加え、ステンレス製のリヤラダーやルーフキャリアも展開。新たにスチール製のつや消しブラックも発売を開始。今後も続々と新製品を展開してゆく予定なので、新製品情報を欠かさずチェックしたほうが良さそうだ。
  • 安定した走りと乗り心地も追求した新世代カンサス!

    安定した走りと乗り心地も追求した新世代カンサス!

    ノーマルよりも40㎜リフトアップ可能。フロントサスペンションに車高調機構を備え、±25㎜の幅で任意の車高にセット可能。バンパー交換や追加パーツを装着しても、理想的な車高に再調整が可能となる。減衰力はフロントが40段階、リヤが14段階で調整が可能で、リヤにはハーモフレック®を採用。写真は150プラド用でスタビダウンブロック、リヤラテラルロッドまでセット。価格は218,800円となる。ハイラックス用も鋭意開発中だ。

  • 新型ジムニー用のカントリーサスペンションキットを装着し、30㎜のリフトアップを実施。フロントショックは14段階で減衰力の調整が可能で、さらにハーモフレック®機構も内蔵される史上初の仕様。リフトアップしながらも高い安定性を実現し、さらに乗り心地も追求。ショックだけの販売も行なっており、ノーマル車高から30㎜リフトアップまで対応可能。ステンレス製のルーフラックやリヤラダーに加え、新たにスチール製でマットブラックのリヤラダーも新発売。好みに合わせてセレクトできるのがありがたい。

    ◆リヤラダー 38,500円

    ◆カントリーサスペンションキット 122,000円〜193,800円

  • Air/G Massiveは2色のカラーバリエーションを展開。さらにオプションの鍛造製アルミリングを追加することで、全く違った表情を演出することが可能。なおアルミリングは16、17インチのみ設定する。

  • 16インチの7.0J+35はD:5や新型RAV4にもベストマッチと言えるサイズ。新型D:5のリヤブレーキにもキチンと対応済みなので、心配ご無用。SUVをワイルドに仕上げたい! と考えているユーザーに、最適なホイールだと言えるだろう。

特集一覧に戻る

おすすめ記事

  • エス シー ティー

    最新デモカー

    エス シー ティー

    カスタマイズでサスペンションカスタムは重要項目。いくら外観を着飾って…
  • モーターファーム

    最新デモカー

    モーターファーム

    ●写真右(JA22):ジムニーの各車種に対応するパーツをリーズナブルであり…