1997年のデビューTJラングラーだからこそこのパーツだけは絶対に交換しておくべき! | パーツなら4WD・SUVパーツガイド

こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

1997年のデビューTJラングラーだからこそこのパーツだけは絶対に交換しておくべき!トキテック

  • 注目アイテム
TJラングラーにトラブル発生! 動かない、動くけど止まれない…、なんてことにならいためのメンテナンス術と最新の補修部品事情をジープの補修部品を専門に扱うトキテックに尋ねてみた。 「10年10万キロ」。これは国産、外車問わず不具合の頻度が上がってくる1つの目安だ。クルマは、週末しか乗らなくても、大切に乗っていてもいつかは必ず何らかの不具合が出てくる。ここでは、デビュー20年を超えたTJラングラーを乗り続けていくための心構えとして、〝最低でもこれを交換(左表を参照)〟しておけば、走行中にクルマが止まってしまうのではないか?という不安を少しでも減らせる、メンテナンス術を紹介する。一度にすべてを交換する必要はない、できるものからやっていこう。走って止まることさえできれば、修理工場まで自走できるのだ!  講師は、Jeepのトラブルに精通し、対策部品を豊富に取り扱うトキテックだ。  
特集一覧に戻る