こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

STAGE FOURステージ・フォー

  • 最新デモカー

マニアも唸る目利きのある最新のUSパーツでカスタマイズ!

国内屈指の歴史を誇る四駆プロショップであるステージ・フォー。 常にUSカスタムトレンドをリサーチ、旬のパーツ、注目のパーツをいち早く取り入れ、ユーザーに新たな提案するショップだ。 今回紹介するのは、最新のラングラーJLとグラディエーター。2台ともエクステリアはもちろんサスペンションもきっちりとカスタマイズされた2台だ。 それぞれセンス良くチョイスされたパーツ、例えばライトバーはグラディエイターの方は王道のKCハイライトのLEDライトバーを、JLの方はオフロードレースマシンに装着率の高いバハデザインのXL Linkableをチョイス。装着には一手間かけてKCの方はライトカバーのロゴをボディカラーに合わせてオリジナルカラーにするなど随処にアレンジが加えられる。 サスペンションはグラディエーターの方はロッククローラー製でノーマルの4リンクからアッパーがVアームに変更、KINGショックと合わせて操安性と乗り心地が大きく向上している。一方、JLの方はルビコンエクスプレスのリフトキットにテラフレックスのFalconの組み合わせ。グラディエーターと比べるとちょっと硬めの乗り心地だがこれも8千㎞ほど走ると馴染んでしっとりとした乗り心地となるそうで、今まで数多くの装着実績と経験、こう言ったネットではなかなか分からない的確なアドバイスがもらえるプロショップがステージ・フォーなのだ。
  • ❶2台ともBestop SUNRIDERを装着。気軽にオープンエアの解放感を味わえる。❷ライトバーは王道のKC。ライトカバーのロゴをレッドに変更してボディとカラーコーディネイト。❸スイッチシステムは定番のsPOD。タッチスクリーンのロゴはカスタマイズ。❹Baja Design S2をレンズを変更しリアフォグに。マウントパネルはオリジナルで製作。❺フェンダーエアベントLEDウィンカーはOVERTREAD製。

  • ❻❼サスはRock Krawler製”No Limits”システムに、KING Offroad 2.5リザーバーショックを組む。❽ホイールはBlack Rhino Arsenal、タイヤはNitto Trail Grappler。

  • ❶❷ルーフライトは今注目のブランドBaja Design XL Linkable。用途によって一つづつ角度を変える事もできる。❸Rock Slider Eng.製の電動ステップスライダー。便利なだけでなくロックスライダーとしての強度も兼ね備える。❹リアフォグもレッドレンズに交換したBaja Design。❺❻Trigger 6Shooterのスイッチシステム。スマホの専用アプリから操作も可能な今最も注目したいパーツのひとつだ。❼ホイールはBlack Rhino Kelso、タイヤはMickey ThompsonのBAJA BOSS。❽サスペンションは王道のTeraflex Falcon Series 3.3。

特集一覧に戻る

おすすめ記事