こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

いろいろな走りに対応財布に優しいカスタムモーターファーム

  • 最新デモカー
リーズナブルな価格設定と、確実なポテンシャルアップで支持されているモーターファームのカスタムパーツ。これまで機能部品メインだった同社が、前後バンパーに着手し、エクステリアをも含む全てのチューンナップを一社で賄えるようになった。このデモカーは、その集大成と言える。サスペンションに始まり、様々なデザインとインセットのバリエーションを持つアルミホイール、エンジン系レスポンス向上パーツから、フルコンチューン、快適志向のインテリアパーツに、お洒落なエクステリア。エントリーユーザーからエキスパートまで、多種多様なユーザーの要求に答えるラインナップ。近年では、競技車両製作まで行なっている実力派ショップだ。 ◆サスペンション:●フロント JBロングバンプストッパー(9,396円)リア JBロングバンプストッパー(7,452円) ※1台分セット(16,848円)◆エクステリア:●ウレタンフロントバンパー(30,618円) ●ウレタンフロントバンパー(32,319円) ●サンダーヘッドライト(47,628円) ●LEDバーフォグランプ(17,280円) ●LEDチューブテールランプ(27,000円) ●牽引フック付きスキッドガード(23,927円) ●スペアタイヤブラケット斜め上げ(12,814円) ●ナンバー移動キット(8,505円) ●60㎜オーバーフェンダー ◆サスペンション:●SS PRO SET 30mmアップコイル スペシャルバーション(149,859円) ●ロングバンプストッパー前後(16,848円) ◆タイヤ&ホイール:●J-REVORUTION(15,989円/本) ●ヨコハマ ジオランダー M/T G003 225/75R16(オープン) ●30㎜ワイドトレッドスペーサー レッド(17,128円) ◆ガード類:●トランファースキッドガード(12,474円) ●タンクガード ハイテンレッド(13,608円) ●ピボットスキッドガード 前後(22,680円) ◆インテリア:●フルレザーステアリング レッドステッチ(32,603円) ●アームレストEX(20,412円) ●エアコンメッキリング(2,835円)
  • 柔軟性に高いウレタン系の素材で整形されたモーターファームの前後バンパー。デザインも秀逸で、純正フォグランプが装着でき、機能性も高い。近日、ニューデザインのバンパーも追加ラインナップするという情報もある。

  • 無骨なエンジンルームを華やかにしつつ、膨張率の少ない強化インテークパイプでドレスアップと性能アップを両立。フィラーキャップも様々なカラーが選べるのだ。
  • 定評のあるサスペンションは、絶対ストロークより追従性を重視し、縮む足となっている。アライメント変化が少なく、操作性が良いのでドライビングのスキルを問わず扱いやすい。さらに、ちょうど取材時にニューパーツが到着。2種類の硬さを選べるJB用強化バンプストッパー。取り付けも簡単でこれからブレイク間違い無しだ。

  • すっかりオフローダーの定番となっている「J-REVOLUTION」。ジムニー用としては貴重な16×5・5J インセット‐25。
  • 視認性とオシャレ度アップを両立させた灯火類のLEDチューニング。これはJB23の個性を主張するのに効果的。
  • マットブラックのボンネットにシャープなトライバルラインをコーディネイト。これくらい印象に残るボディカスタムが実践できれば、個性のアピールは万全!
  • 加速騒音規制をパスしている「MUDSTAR LEGALIZE」。合法でありながら、トルク、出力共にレベルアップが体感でき、心地よいサウンドを奏でる。
  • ボルトオンで大幅出力アップを約束するフルコン「TORQUE AGENT」。低回転からのトルクは他の追従を許さないレベルなのだ。
  • 前面にゴムのスリットを配してスベりを抑制し、操作性を向上させる「アルミペダルカバー」。カラーバリエーションもあり、ドレスアップ効果も高い。
  • ちょうどいい高さに設定されたアームレスト「アームレストコンソール タイプEX」。かなり大容量の収納を兼ね備える。収納スペースの少ないJB系の必須アイテムだ。
  • 大阪オートメッセ(2018)で初お目見えしたスーパーマシン。V8+スーパーチャージャーに前後マルチリンク、FOXエアーショックという驚異のスペック。ラダーフレームを残しつつ、フルゲージ化されたボディは美しく、それでいて頼もしい。モーターファームは、こんな度肝を抜くクルマも作れるのだ。
特集一覧に戻る