こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

【WORK】WORKが培ってきたホイールの知識、経験、技術を惜しみなく投入! 

  • 最新デモカー

MADE IN JAPANに拘った職人が仕上げるCRAG

レース直系のDNAを細部に宿したホイール「CRAG T‐GRABIC(ティーグラビック)」や「CRAG T‐GRABICⅡ(ティーグラビック・ツー)」で、ブランドの存在感を日本の4WD・SUV市場に示した国内屈指のホイールメーカー「WORK(ワーク)」。改めてWORK発のオフロードホイール「CRAG(クラッグ)」について紹介しよう。 まずクラッグと呼ぶブランド名だが、これはCross Country Racing Gear(=CRAG)を意味する。文字通り〝オフローダーの足もとを支える〟ことを宣言しているものだ。CRAGの歴史を辿ると、SUVがRVと呼ばれていた(いわゆる四駆ブームの)頃にまで遡る。あの時代、人気を集めたのはパジェロやサーフなどの6H車両で、当時のCRAGはそれらをターゲットに据えた3ピース・オフロードホイールとして、市場を席巻していた。 ハードなカスタムを重んじるユーザーは、リフトアップやオーバーフェンダーの装着を望み、そうしたカスタムをフィニッシュさせるために組み立て式ホイールは重宝された。そもそもサーキットやラリーなどのモータースポーツシーンで実績を積み重ね、そのノウハウを市販品に惜しみなく注ぐホイールを生み出してきたWORKにおいて、3ピースホイールのCRAGは、質・性能・デザインの全てを満たす〝最高級品〟でもあったのだ。 さて、現在、クラッグシリーズには、CRAG GALVATRE、CRAG T‐GRABIC、CRAG T‐GRABICⅡ、CRAG S1J、そして、新作となるCRAG CKVがラインナップする。カバーする車種は大小様々。コンパクトクラスならジムニー、ジムニー シエラ、タフト他。ミドルクラスなら、RAV4、デリカD:5、エクストレイル他。大型クラスなら、ラングラー、ランドクルーザー プラド、ハイラックス他、とその範囲はとにかく広い。GALVATREなどは、3ピース構造を採用し、ノーマルフェンダーからオーバーフェンダースタイルまで、様々なカスタマイズをサポートする。 WORK(ワーク)では創業以来、MADE IN JAPAN品質にこだわり、1ピースホイールと全ての2ピース/3ピースホイールを国内工場で生産してきた。CRAG(クラッグ)シリーズもしかり。ここではCRAGの製品哲学を体現できる、WORK品質の要となる部分、また、CRAGの魅力の礎となる部分を紹介する。
  • CRAG CKV

     

    ブラックマシニングカットクリア

     

    CRAG(クラッグ)初のコンパクトSUV向けモデル『CRAG CKV』。上下左右バランスの取れたシンメトリーデザインの8交点メッシュデザインを採用。4Hサイズに合わせて最適化することで、アクティブかつ軽快な足もとを演出。また、グロスブラックディスクにマシニングを施すことで、4WD・SUVホイールらしさを強めている。T-GRABIC(ティーグラビック)から踏襲されるビードロックリングデザインを取り入れ、アクセントのディンプル加工と相まって武骨なイメージをアピールするアウターリムフランジ。一方でフランジ自体が重くならないようにミゾ加工を施すことで、洗練された雰囲気も併せ持つ。

     

     

    センターキャップは光沢のあるグロスブラックに。センターロックテイストを取り入れた存在感のあるギアデザインを採用する。

     

  • MADE IN JAPAN品質は 〝職人〟と〝最先端技術〟に支えられる

     

     

    自社一貫体制でホイールを製造する。レース用の特殊モデルから市販品、鍛造・鋳造、1・2・3ピースにこだらず、それぞれのフィールドで求められる性能を、常に最新技術とノウハウを駆使し、徹底した製造管理のもと品質を高く保つために万全を期している。

    現在CRAGは、鋳造1ピースと3ピースホイールをラインアップ。国内4拠点の自社工場で徹底した品質管理のもと、匠の技術と自動化を組み合わせ製造されている。ここでは3ピースホイールの主な製造工程を紹介する。

     

    ◆鋳造製法

    ●多種多様なデザイン性を生む鋳造

    アルミインゴットを溶解・精錬し、低圧鋳造製法でワークホイールのディスクを製作。不純物を徹底的に取り除き、アルミ分子の均一化を実現する。

     

    ◆磨き・塗装・各種加工

    ●最新・最高のテクノロジーを駆使

    鋳造後に熱処理を行ないさらに強度を高められたホイールは、塗装や磨きに向け、ショット加工や余分な部分の切削が行なわれ製品の形となる。

     

    ◆リム加工

    ●強度と剛性を徹底的に高めたリム

    1枚のアルミ板からプレス、スピニング加工、NC加工を行ないリムを製作。継ぎ目のないリムは、抜群の強度を誇る。3ピースホイールの場合、様々なインセットを実現する。

     

    ◆クラフトマンシップ

    ●熟練の職人による手作業の数々

    高い組立精度が要求される3ピースホイール。一連の工程には熟練した技術者の匠の技術が不可欠。真円精度を確認しながら作業は行なわれる。

     

    ◆検査

    ●ハイテク&アナログの両面で検査

    製造工程において実施されるマイクロゲージを使った精度をチェック、締め付け精度の徹底など、徹底した品質へのこだわりは特筆もの。

     

     

    塙選手が設計・製作したBaja1000用マシンEarth-Runner(写真左下)が履いていた、オール鍛造製・WORKスペシャルビードロックホイール(ビードリングまでもが鍛造製)のバージョン2をベースに、「CRAG T-GRABICⅡ(クラッグ・ティーグラビックツー)」は、鋳造製・市販化ホイールとして誕生した。原型となったWORKスペシャルビードロックホイールは、塙選手の監修のもと、こうあって欲しいという希望を基に作られたのである。

  • CRAGシリーズ

    ◆CRAG T-GRABIC

     

     

    ◆CRAG T-GRABICⅡ

     

     

    ◆CRAG S1J

     

     

    ◆CRAG CKV

     

     

    ◆CRAG GALVATRE

     

     

    • WORK
    • 東日本コールセンター 048-688-7555 / 西日本コールセンター 06-6746-2859 / 中日本コールセンター 052-777-4512
    • https://www.work-wheels.co.jp
特集一覧に戻る

おすすめ記事