こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

【WORK】美しく輝く中にも機能を宿したWORKホイールの矜持を見事に体現するNEWモデルたち

  • 注目アイテム

四者四様・渾身のSUVホイール

兼ねてから4WD・SUVに向けた専用ホイールブランドを展開していたWORKがこの2023年に大きな動きを見せた。 それが4WD・SUVのフラッグシップ『LX600』&『ランクル300』を、より極めるための異なる2つのホイールの展開だ。 さらに大きなトピックがある。人気を博してきたCRAGブランドの代表的な2モデルに、新世代仕様のホイールが登場した!
  • LX600やランクルに! WORKからの2つの提案

    スポーティからドレッシーなスタイルまで、造形が複雑なマルチピース構造のアルミホイールを得意とするメーカー『WORK(ワーク)』。性能面だけでなくデザイン性も追求する同社から、また魅力的なアルミホイールが誕生した。
    ランクル300&LX600にターゲットを絞って設計されたひとつが、WORKの大口径・ハイエンドブランド『LS』の最新モデル『LS VAJRA SUV』だ。サイズは22/24インチのみで、鍛造ビレットディスクを採用。オープンメッシュがデザインベースだが、アンダーデザイン部と高低差を与えた鍛造初のダブルデザインとなる。この12交点メッシュは、繊細な美しさと大胆な力強さを両立するが、鍛造3ピース・フルリバース構造によって生み出された、まさに最高峰の中の最高峰の1本なのだ。
    さらにランクル300に向けたもうひとつの完全新作ホイールが『CRAG LCG(クラッグ・エルシージー)』。特徴はリム部にはビードロックリングを彷彿とさせるオフロードテイストを与えたのに対し、センター周りには緩やかなコンケイブを描く2×8の骨太なメッシュデザインを採用し、両者を融合させていること。さらに装着車種のキャラクターからオンもオフも高いレベルで乗りこなすことを想定し、1サイズ18インチのみ。
    また『LCG』は、外周にWFTロゴを刻印。これは抜群の強度を誇るWORKのスポーツホイールが採用する、WFT製法で仕上げられた高性能ホイールの証なのだ。

     

  • LS VAJRA SUV

    LS(=Luxury Style)の名の通り、素材にこだわって満足度の高い鍛造ビレットディスクを使用した、最高峰SUVにふさわしい最新の鍛造3ピースホイール『LS VAJRA SUV』が今、ここに降臨!

    サンスクリット語で金剛石(ダイヤモンド)を意味するバサラの名を持ち、ダイヤモンドの輝きを彷彿とさせる独創性に溢れたエッジーなデザインを持つ『LS VAJRA SUV』。鍛造ビレットディスクを使用した、よりダイナミックでより迫力のあるフルリバース構造の大口径ホイールだ。鍛造素材による硬質感やキメの細かさを活かした美しい3Dクロームメッキやブラッシュド、ブラックアルマイトといった多面性の高いディスクデザインカラーを採用

    スーパークロームメッキ

    ブラッシュド

    ブラックアルマイト

    開口部の広いオープンメッシュのオーバーデザインに対して、アンダーにはサイドスポークを配置して12交点メッシュへと変貌。繊細なメッシュでありながら、十二分に力強さも感じさせる鍛造初のダブルデザインを採用。

    スポーク天面の高さを変えることで立体的なデザインとなり、剛性もしっかり確保。またラウンドした形状の採用によって、リム深度はディープとなる。これはハイインセット車でもディスクの突出が起きにくいように配慮した設計だ。

    LSシリーズでお馴染みの立体的ブランドロゴ入りの洗練されたデザインのセンターキャップを採用。より大きく、存在感あるオーナメントに見えるように設計されているのもポイントだ。また、WORKの最上級鍛造モデルの証である『FORGED』の刻印済み。

     

    ●装着ホイール:LS VAJRA SUV(運転席側:スーパークロームメッキ/助手席側:ブラッシュド)

    ●装着サイズ: 24×10.0Jインセット30/6H-139.7

    ●装着タイヤ: NITTO NT420V(295/35R24)

    ●MODEL CAR:ROWEN WORLD PLATINUM BODY-KIT/LX600 ●Special Thanks:ROWEN

     

  • CRAG LCG

    車両に装着したブラックカットクリアブラックピアスマシニングのベースカラーはグロスブラック(艶有りの黒)で、リムフランジ部を切削した後にクリアブラック塗装でフィニッシュすることでよりラグジュアリーな印象を得ている。対してマットブラックピアスマシニングは全体的にマットブラック(艶無しの黒)となり、ピアスホール部のマシニング加工がアクセントとなり、スパルタンな印象を受ける。

    マットブラックピアスマシニング

    ブラックカットクリア
    ブラックピアスマシニング

    メッシュディスクを生み出す2×8スポークは、アウターリムに向かってラウンドする形状。18× 8.0J+52のハイインセットでもリム深度を稼げるため、実サイズ以上の立体感を演出。攻めたアウターのリムフランジと、洗練のメッシュが融合したスタイルも見事だ。

    オフロード感を与えるアウターリムフランジは、歯車のようにも見えるビードロックリング風にデザイン。オフロードタイヤと組み合わせた時サイドウォールに負けないインパクトを放つ。

    新設されたCRAGのオーナメントセンターキャップ(レッドリング)はバランスを図りつつ、最大限にインパクトを演出できる大きさに設定。

  • ※WFT(WORK FLOWFORMING TECHNOLOGY)製法 とは?

    ワークエモーションシリーズをはじめ、インナーリム部の成型において鋳造完了した素材のリム部分に「圧力」をかけながら伸ばして成型するフローフォーミング製法を採用するWORK。この製法で鍛えられたアルミのマクロ組織が微細化することでしなやかさが増し、さらにリム部板厚の薄肉化による軽量化がプラスされることで鍛造製法に匹敵するメタルフローを実現できる。これでインナーリムに要求される「引っ張り強度」や「粘り強さ」も飛躍的に高められると同時に、アウターリム部も耐衝撃性に優れた設計にできるため、従来の鋳造ホイールから性能の飛躍が可能。ラリーなどの厳しい状況での走行、バーストしても走り抜けられる性能を必要とする技術だが、CRAG LCGもこの『WFT製法』で製造される。

    ●装着ホイール:CRAG LCG(ブラックカットクリア ブラックピアスマシニング)

    ●装着サイズ:18×8.0Jインセット52/6H-139.7

    ●装着タイヤ:BFGoodrich Trail-Terrain T/A(265/65R18)

    ●MODEL CAR:ランドクルーザー300 GR SPORT

    ●Special Thanks:EARNEST

  • ワーク
    ●所在地 : 大阪府東大阪市長田西4-1-13
    ●営業時間 : 9:00〜18:00(平日)

    ●電話 : 06-6746-2859(西日本コールセンター)
    ●電話 : 052-777-4512(中日本コールセンター)
    ●電話 : 048-688-7555(東日本コールセンター)

    ●定休日 : 土曜・日曜・祝日
    ●URL : https://www.work-wheels.co.jp

     

特集一覧に戻る

おすすめ記事