こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

【RAYS】デリカD:5で〝スポーツ走り〟するための新局面のホイール選び!

  • 最新デモカー

デリカならではの快走をグラムライツが演出する

鋳造製法の限界を攻めることで、高いパフォーマンスを誇る『RAYS(レイズ)』のスポーツホイールブランドである『gramLIGHTS(グラムライツ)』。そう、どうしても“スポーツモデル”のイメージが強いが、4WD・SUVに向けた16インチの『57DR‐X2』や17インチを擁する『57BNX』など、デリカD:5に対応するホイールを多数用意している。 実はグラムライツと4WD・SUVとの関わりは深い。例えば本格派のジムニー向けに開発されたホイールを3アイテムも展開していたり、6H‐139・7などのラージP.C.D.の4WDホイールを多数ラインアップしていたり…と。 鋳造製と聞いて想像する以上の優れたパフォーマンスが発揮できるため、4WD・SUVに向けたホイールであっても、やはりスポーツを基準にホイールを生み出している。一般的にSUV向けホイールはゴツいデザインやタフなイメージがあるが、それを積極的に取り入れるのではなく、あくまでもスポーツを根底に感じさせるデザインと機能性でグラムライツはアプローチする。例えば剛性が高く軽量であるのはもちろん、より軽く見せるデザインを目指し、そしてカラーリングや機能性によっても、徹底的にスポーツマインドを喚起させる。 そう考えると定番のカスタムメイクとは異なるホイールもグラムライツから視野に入ってくる。デリカD:5のホイールカスタムといえば、ちょいアゲスタイルにマッチさせたものが主流だし、実際57DR‐X2もそのスタイルにマッチする。しかし一方で、それとは異なるスポーティ&ローダウンスタイルを好むユーザーも存在する。 そういった観点から見ると、グラムライツの中でも新作に挙げられる『57XR』と『57FXZ』にはデリカD:5に履かせてみたくなる魅力がある。具体的には57XRが18インチと19インチ、57FXZは18インチから20インチまで3種類をラインナップ。これにロープロタイヤを組み合わせれば、ホイールを魅せる大径カスタムが楽しめる。 一方で大径ホイールとオフ系タイヤを組み合わせる…なんて、スペシャルカスタムも十分アリ。当然ある程度のサスペンションカスタムは必要となるが、新たなカスタムの方向性が見えてくる。そうした考えにも、グラムライツの57XRと57FXZのスポーツ路線はピタリとはまること間違いなしだ。 デリカでスポーツテイストを感じたいユーザーにとっては、今がまさに新しいホイール選びの局面にあるだろう。そしてどうせ選ぶなら、安心・安全・高性能でハイセンス、メイドインジャパンクオリティのグラムライツを履かない理由はない。
  • gram LIGHTS 57DR-X2

     

    ブラックグラファイト(B2)

     

    オフロードタイヤの装着に対応させた6本スポーク/5Hデザインを採用する『グラムライツ・57DR-X2』。ドリフトスポーツモデル『57DR』から各部の形状や見直しを実施して、デリカD:5&SUVに装着しても負けない力強さとボリュームを確保。またビードシート部にはローレット加工を採用。デリカD:5にマッチするサイズは、16X7.0J+40と16X7.0J+32。カラーは2色を展開。

     

  • gram LIGHTS 57XR

     

    ダークブロンズ

     

    ホイールのリムにまでスポークを長く伸ばしたオーセンティックな2×6のスプリットスポークデザインを採用する『グラムライツ・57XR』。軽量&高剛性を実現するRCF工法を用いた鋳造アルミホイールであり、ディスク面のコンケーブデザインと切削加工を駆使したエンボス風のRAYSロゴなどを特長とする。一方ビードシート部に、タイヤとホイールのズレを抑制するローレット加工を施した。ほかにフランジの内側にリブを設け、フランジ部の剥離を起こりにくくする効果と、視覚的なスポークの脚長感を演出している。

     

     

    厚みを持たせたリムフランジに対し、フランジいっぱいまでスポークを伸ばすことで、力強さと足長感を両立。またスポークとリムフランジの重なりによって立体感を生み出している。

  • gram LIGHTS 57FXZ

     

    スーパーダークガンメタ/マシニング/リムエッジDC、RBC/マシニング

     

    上質なデザインテイストが与えられた鋳造1ピースホイール『グラムライツ・57FXZ』。コンケーブ形状となる2×5のY字スポークをベースに、センターパート部に与えられたウエイトレスホールデザインや特許技術A.M.T.によるフランジの「gram LIGTHS」マシニングロゴなどがデザイン上の特徴だ。さらに57XRと同様に鋳造ながらリムをスピニングによって延伸するRCF工法を採用。内部組織を緻密に形成して、軽量&高剛性を最適化している。また、大きなトラクションによって生じがちなホイールとタイヤのズレを抑えるローレット加工も採用。

     

     

    特許技術A.M.T.を駆使して、フランジにgramLIGTHSの文字をマシニング。上質なアクセント効果を与えた。

     

    レイズ 執行役員 第一商品企画部 部長 加藤 照幸さん

     

    レイズの執行役員にして、第一商品企画部部長を務める加藤照幸氏。グラムライツ、A•LAPなどのブランドを担当し、デザインから設計・製造に至るまであらゆる事柄に精通。

     

特集一覧に戻る

おすすめ記事