こだわり検索

フリーワード

パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

【FLEX-1】ランドクルーザーと共に歩んできた55年超FLEX

  • 最新デモカー

挑戦し続けるFLEX

創業55年を超える老舗でありながら、常に新しいことに挑戦し続けてきたFLEX(フレックス)。新車・中古車を取扱うランドクルーザー専門のカーディーラーとして、カスタム・コンプリートカーの販売にもいち早く着手し、日本のランクル・カスタムという文化をけん引してきた。FLEXのスペシャルなカスタムや活動を通じて〝ランクル&4WDカスタムの現在地〟が、どこにあるのかを確かめてみよう。
  • 市場シェア18%の在庫と万全なランクルを提供

    爆発的人気のランドクルーザー300。最新のスタイルに先進のメカニズムを組み込んだ〝新型〟として、初代誕生から70年の歴史で紡がれた、まさにランドクルーザーの全てが凝縮されたモデルだ。しかし、その根底にあるものは不変だ。そんなMADE in JAPANの真髄が感じられるところに、世界中で愛されている理由がある。

  • そのランクルの魅力を伝え、ランクル文化をずっと支えてきた存在がある。それが『FLEX(フレックス)』だ。1967年の創業以来「全ての人にマイカーを」という合言葉で、多くのユーザーの夢をサポートしてきた同社は、2022年に創業55周年のアニバーサリーイヤーを飾った。

  • 現在全国に40店以上を展開し、専門店を含むランクル取扱い店は20店舗。ちなみにこれまでの累計販売台数は何と6万台以上! いかに多くの人がFLEXで愛車を手に入れてきたかがよく分かる。

  • FLEXの最大の魅力は、何といっても圧倒的なまでの在庫の豊富さにある。同社のデータによれば、ランクルの国内市場シェアは何と18%を確保。しかも、その在庫は始祖たる40系から最新モデルまで、今やランクル人気の中心的存在である各プラドなどもほぼほぼ全網羅。さらに全国の各店舗をネットワークで結んでいるため、2000台近くの在庫から最寄り店舗にない車両の取り寄せも可能なのだ。

  • また昨今住宅のリノベーションは一般的になったが、FLEXではクルマをリノベーションした『Renoca(リノカ)』というオリジナルのコンプリートカーも取扱う。ビンテージなランクルが欲しいが、走行距離やメンテナンスを考えると躊躇するのもよく分かる。そんな人にオススメなのが、より新しいモデルをベースに、クラシカルなスタイルへとアレンジされたこのリノカだ。スタイルだけでなくカラーやカスタムパーツのアレンジも可能。まさに世界に1台だけ、自分だけの愛車を創り上げることができるのもとても誇らしい。

  • 新車はともかく、リノカを含む中古車は、走行距離やコンディションなど、同じクルマはない。ユーザー心理としては、多くのクルマの中から比較して、お気に入りの1台を見つけ出したいだろうが、FLEXはそれが可能な、唯一無二のランクル専門店なのだ。

  • もちろん、販売車両の整備は万全であることも付け加えておきたい。さらにFLEXでは中古車だけでなく、150プラドやハイラックスなどの新車コンプリートも絶賛販売中だ。

  • 四駆だからこそ味わえる景色がある

    夏タイヤではOPEN COUNTRY R/Tを履いていたランクル300とハイラックスだが、今回のスノーアタックに備えてTOYO TIRESのスタッドレスタイヤ「OBSERVE GSi-6」をそれぞれ装着。サイズはランクル300が285/60R18をMG・ビーストのホイールにセット。一方のハイラックスは定番サイズの265/70R17をMG・モンスターのホイールとマッチングした。重さがある分ネガティブな面もあったランクル300だが、基本的には両車とも安心のスノードライブと走破性を披露した。

  • LAND CRIOSER 300 "ZX-LOOK" OVERLAND-STYLE

    日本を代表するランクル専門店FLEXが販売の主力としているのはカスタムコンプリートだが、その中でもフラッグシップと呼ぶにふさわしい車両がある。ひとつが『Renoca 106』、もうひとつが名実ともに最高峰のランクル『FLEXランクル300・オーバーランドスタイル』だ。まだまだ納車は絶望的なランドクルーザー300だが、これから手に入れるなら事実上の注文が停止されているディーラーよりも、ユーズドで在庫を持つ可能性のあるFLEXの方がチャンスはあるか…!? そういったことも加味し、FLEXが提案するランクル300をチェックしてみる。

  • 実はこのデモカーは見た目通りのZXグレードではなく、それよりもリーズナブルなエントリーグレード(下から2番目)のAXがベース。そのAXに残っているワークホース感をあえて生かしながら、ZXフェイスへと換装し、そこにZXグレード対応のJAOS前後バンパーガードやフェンダーガーニッシュを追加。さらにメッキグリルやドアミラー、エンブレムなどをすべてブラックアウトすることで、ランクル本来のオフロードテイストをアピールする。

  • また、絶賛開発中の300用FLEXオリジナル2インチアップコイルでのリフトアップに加えて、トーヨーのスタッドレスタイヤ・オブザーブGSi6をセット(285/60R18)し、MG・ビーストの18インチ履きとしている。この純正でも最小のタイヤサイズである18インチとすることで、ランクルらしさがかなり強まった。そこにFLEXが正規取扱店を務めるアウトドアギア『ライノラック』のルーフラックやオーニングを装備し、FLEX流のアウトドアスタイルでコンプリート! アウトドアで使えて、普段乗りもすこぶる快適なランドクルーザーとしていることが、老舗にしてトップランナーであるFLEXの手腕なのである。もちろん、どうしても〝300〟を手に入れることができない場合…先代の〝200〟で、唯一無二のエクストリームなスタイルへカスタムするという選択肢もアリかもしれない。

  • FLEXが手がけたランドクルーザー300のポイントは、下から2番目の比較的エントリーなグレードの「AX」をベースに、上級グレードの「ZX」フェイスへと換装してること。ただしグリルのメッキ部分はブラックアウトするなどして、双方の良さを融合させた渋いルックスとしている。こうしたFLEX CUSTOMに加えて、フロントバンパーガードやフェンダーガーニッシュ、さらにリヤスパッツはシンプルな中に迫力と立体感を演出するJAOS製パーツを採用。

  • HILUX GUN125 ARMADILLO LINERS Spec.

    一方で今回のスノーアタックやアウトドアで大活躍したのが、13年ぶりに日本で正規復活するやいなや、アウトドア愛好家を中心に熱い存在のハイラックスだ。ランクルやハイエースなどのカスタム専門店ではあるが、実はハイラックスも得意なFLEX。かなりの量の在庫を揃えている車両のため、即納可能だったりもする。

  • なお、このハイラックスは、ベッドライナーを中心に、新感覚の塗装「アルマジロライナーズ」でペイントを実施。第一にはカーゴベッド(荷台)の保護効果が目的だが、FLEXはこれをカスタムペイントに応用。ザラザラした独特な質感の塗装をサイドステップや前後バンパーなどにほどこすことで、ハードな印象を与える。精悍かつワイルドな佇まいは、フィールド映え必至! これぞ、キャンパーが待ち望んだハイラックスなのだ。

  • アメリカから上陸した特殊塗料「アルマジロライナーズ」は通常の塗料の性質と違い、衝撃・防錆・防蝕・防音・耐摩耗性など数々の効果を持ち、さらに塗装した部分は長期間に渡って硬質で強靭な被膜を形成してくれる。これを利用してハイラックスのベッドライナー保護や滑り止めのためにカーゴベッド全体をペイント。さらにこれFLEXではザラザラした独特の無骨な質感を利用して、エクステリアカスタムとして採用。デモカーは前後バンパーの樹脂部分やサイドステップもこのアルマジロライナーズでカスタムペイント。しかも部品をわざわざ外して、念入りにマスキングしているのだ。

  • クリムソン発の傑作ホイール「MG」であるゴーレムををセット。圧倒的なディープコンケーブデザイン(シリーズ初のオープンナットフェイスによって実現)や外周部の歯車感がハイラックスにピッタリ。さらにフローフォーミング製法によって、性能も間違いない仕上げとしている。

  • FLEXオリジナルのフロントコイルで前下がりを補正。これが走りにも好影響を与えてくれるのだ。

  • フレックス株式会社
    ※車両や在庫などのお問い合わせはオフィシャルWEBサイトにアクセスして、最寄りの店舗までお問合せ下さい。
    ●本社所在地 : 東京都渋谷区北青山2-5-8 青山OMスクエア6階

    ●フレックス株式会社 総務部(電話 : 03-3470-0111)
    オフィシャルWEBサイト●URL : https://www.flexnet.co.jp

    コーポレイトドメイン●URL : https://flex.jp

特集一覧に戻る

おすすめ記事