こだわり検索

(1) 車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

(2) パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

+ ホイールサイズを選択

WORKワーク

  • 注目アイテム
蠍のアイデンティティを宿した攻撃的・機能美の真髄
世界最長のノンストップクロスカントリーレースとして名高い「バハ1000」に代表されるように、クロカン・ラリーは他のどのレースよりも過酷な戦いだ。ドライバーのテクニックもさることながら、マシンは常にシビアコンディションにさらされる。だからこそ、そのレースの熱気もまた途方もないのではあるが…。 2013年夏、そんなクロカン・ラリーにある意味無謀とも思える挑戦をした車両があった。そう、かつてパリ‐ダカールラリーを連覇したミツビシ自動車の最新モデル・アウトランダーPHEVによる「アジア・クロスカントリーラリー」への参戦だ。残念ながら、ラリーレイド復権を賭けたミツビシ本体ではなく、プライベーター「TWO&FOUR MOTORSPORS」チームによるものだが、雨季の東南アジアにおける大会初のモーター駆動車…。誰もが固唾を飲んで見守ったに違いない。 結論から言ってしまえば、このアウトランダーPHEVは総合17位で初登場・初完走を成し遂げた。写真をご覧いただければ分かる通り、マッディな路面あり、高速ダートあり、そして渡河まである状況のオンパレードだった。 そのマシンの足もとを支えたのが、日本が誇るホイールサプライヤーWORK製のボトム「CRAG BJS」だったのである。 そもそものボトムコンセプトは、先述したバハ1000参戦車両の仕様である「バハスタイル」。ソリッドでタフなスポークはもちろんのこと、リムフランジ外側に設けたステップ形状の段によってホイールとタイヤの間に石を詰まりにくくするなど、オフロードスペックで鍛え上げられている。 とはいえ、トレンドの最先端を行くWORKだけに単純にシンプルなデザインであるはずがない。ブーム到来中のコンケイブ形状(いわゆる逆反り)を軸に、ディッシュともスポークとも言い切れないカット面とし、そのデザイン・アイデンティティにはセンターのオーナメントに彩られた「サソリ」の特徴であるハサミと尻尾の毒針をインスパイアすることで、無骨なのにシャープな攻撃的要素を表現することに成功した。 さらにオーバーフェンダー装着のデリカD:5&エクストレイル対応の16×8・0J(インセット17)という攻めたサイズ設定をするなど、まさにWORK渾身の1本! 本気の姿勢が感じられる。
  • CRAG

    CG-BJS-16-BP-A-1-2世界一過酷なオフ ロードレース「バハ1000」参戦マシンの、いわゆるバハスタイルをコンセプトに掲げたクラッグBJS。最大の特徴である強烈なコンケイブ形状もさること ながら、エッジを効かせたカット面がアグレッシブなイメージを主張する。オーナメントに鎮座するスコーピオンの特徴である、ハサミと尻尾の毒針がホイール 自体のデザインアイデンティティとなり、ふんだんにそのイメージを注入。見た目にも独自の硬質感が与えられている。

  • FJC_CRAG_BJS_BP_13CG-BJS-16-BP-2-2

    SIZE(価格は税別)
    ●16×7.0J、114.3/5H、+38
    MatBlack……¥32,000/Black Cutclear……¥34,000

    ●16×8.0J、114.3/5H、+17
    MatBlack……¥34,000/Black Cutclear……¥36,0000/B69……¥36,000

    ●17×8.0J、139.7/6H、+20
    MatBlack……¥38,000/Black Cutclear……¥40,000

    ●付属品:センターカバー、エアバルブ ●仕様:1ピース構造 ●JWL/JWL-T適合品 (16インチサイズ除く)
    ●Color:Mat Black/Black Cut clear/B69 (ビーロック)は16×8.0Jサイズ専用カラー

     

     

    過酷なラリーで実証された高性能!

  •  

    RSF_6468CG-BJS-16-MBL-2-2

     

    マットブラックのクラッグ BJSを履きミツビシ・アウトランダーPHEVが挑んだ「アジア・クロスカントリーラリー」。よく見ればボディにキズは多数だが、ボトムについてはノートラブルで過酷な戦いを乗り切った。

  • CG-BJS-16-MBLRC-2CRAG BJS / B69 [16X8.0J+17]Only Color

    401A7776kako _B0V3803+

    リム外周部にカットクリアを施したカラー・B69(ビーロック)を唯一採用するクラッグBJSの中で、もっとも攻撃的なモデル。それもそのはず、設定サイ ズは右写真のエクストレイル&デリカ D:5のようなワイドフェンダー装着車対応の「16×8・0J +17」。通常モデルより、コンケイブ形状を可能な限り強調しているのがポイントだ。

  • CRAG S1J

     

     

    WORKが誇るレーシーかつスポーティなイメージを持つマイスターS1をベースに、ジムニー専用にリデザインと最適化を図ったもうひとつのクラッグ。世界に類を見ない最小・最強のクロカン4WD・ジムニーで永久普遍のレーシングスピリットとWORK品質を堪能できる。

    CG-S1J-16-WBC-2

    SIZE(価格は税別)
    ●16×5.5J、¥31,000~¥40,000
    ●ジムニー専用設計

  • LS JUBILEE SUV / LS BRIGHTRING SUV

    プレミアムSUVを魅了するLSシリーズも要注目。シンプルな形状ながら迫りくる力強さを秘めた5スポークの「ジュビリーSUV」、直線と絶妙なひねりを組み合わせで『威風堂々』というキーワードを掲げた6スポークの「ブライトリングSUV」。これらのボトム、LS(ラグジュアリースタイル)のフルクロームは、何物にも代えがたい煌めきがある。

    LS-JUBILEE-SUV-20-SC-2

    LS JUBILEE SUV
    SIZE(価格は税別)
    ●24/22/20 ¥81,000~231,000

  • LBS-24-SC-2

    LS JUBILEE SUV
    SIZE(価格は税別)
    ●24/22/21/20  ¥81,000~231,000

特集一覧に戻る