こだわり検索

(1) 車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

(2) パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

+ ホイールサイズを選択

FLEXFLEX

  • 最新デモカー
全国各地の拠点から欲しい四駆を探し「理想のカタチ」にしてくれるパートナー

全国の拠点から最適な1台を見つけ出す

日本全国に拠点を持つ、FLEX。ランクルを中心に様々なモデルの新車・中古車を販売しており、その在庫量は日本一と言っても過言ではない。特に中古車は、同じコンディションや仕様は存在しない一点限りの物。ユーザーの心理としては数多く並ぶ中から、自分にピッタリのお気に入りの1台を選び出したいものだ。 そのFLEXの特色として、在庫量以外にもう1つある。それは、様々なスタイルにカスタマイズされた車両を販売している事だ。例えば今なお根強い人気を誇る70プラドや80は圧倒的にブラックの人気が高いが、FJクルーザーに触発されて最近はポップなスタイルも人気だとか。他にもカタログモデルに存在しない、ナローモデルの豪華仕様など、個性的な四駆に乗りたい人に最適な仕様が勢揃い。またFJクルーザーに関しては、USの限定車が欲しいが左ハンドルは…という人のために、新車の国内仕様をベースにUS仕様にカスタマイズするのも好評を博しているそうだ。 しかも、近くの店舗にお気に入りのクルマがない場合は、他店から取り寄せる事が可能。もちろん店頭に並ぶ仕様以外にも、リクエストに応じて製作もしてくれるので、良い意味でワガママを言ってみた方が良さそうだ。FLEXのキャッチコピー「YOU ARE THE BOSS」とは、そんなユーザーのワガママにしっかり応える! という意味でもある。
  • 130816_0338

    3年連続3回目、FJクルーザー2台でアジアンラリーに参戦!!!

    FLEXではタレントの哀川翔さんやヒロミさんとタッグを組み、昨年もFEDERAL-FLEXアジア・クロスカントリーラリー(通称アジアンラリー)に参戦。3年連続3回目となる昨年は、哀川さんはチーム監督となり、1号車のドライバーには初参加のヒロミさんが。2号車のドライバーはパリ・ダカのワークスドライバー経験を持つ寺田さんを一昨年に引き続き抜擢。国内仕様のFJクルーザー2台体勢で挑んだ。
    昨年はタイ南部のパタヤをスタートしラオスのパクセがゴールとなるコースを設定。総延長2000km以上を6日間掛けて走り切る闘いだが、途中は田んぼやサトウキビ畑、林の中などアップダウンもある変化に富んだセクションを設定。タイ特有の乾いていると火山灰のようなサラサラの土も、ひとたびスコールが降ると粘土のようになり、参加者達を苦しめた。それでも2台とも無事完走を果し、2号車の寺田/ロスリン組がT1Gクラス2位の総合13位に、1号車のヒロミ/安東組が総合14位に輝いた。
    過酷な状況を走り切るマシン造りのノウハウは、さまざまなカスタマイズにフィードバックされており、FLEXが販売する車両の高い品質を支えているとも言えよう。

     

  • _B0V0741 _B0V0770 _B0V0812 _B0V1278 オートサロン

    各地で開催されるビッグイベントにデモカーを展示

    新年の東京オートサロンを皮切りに、FLEXは各地で開催されるカスタムカーのイベントで最新デモカーを出展中。話題のクルマをいち早く、しかも細部まで徹底的に見たいなら、イベントへ行くべし! もちろん、年々メンバーが増加中のFLEXガールも見逃せない。

     

  • _B0V4816 _B0V4846 _B0V4852 _B0V4861 _B0V4872

    LANDCRUISER 200

    WALDのデイライトがビルトインされた「スポーツライン・ブラックバイソン・エディション」エアロパーツをランクル200に移植。サイドステップを巻き込むようなオーバーフェンダーはこれまでにない造形を産み出す。最近の流行に則って、ボンネットまで含めた2トーン化を施し、ラグジュアリーさだけでなくスポーティ感も演出する。

    ●クリムソン・クラブリネア ●FEDERAL COURAGIA S/U(295/40R24) ●WALD LX570用フロントバンパー/リアバンパー/オーバーフェンダー ●FLEXオリジナルカーボンピラーパネル ●WALDマフラー

     

  • _B0V5011 _B0V5020 _B0V5030 _B0V5065 _B0V5095

    LANDCRUISER 80

    ランクル80をベースに、60風にフェイスコンバージョンを実施。クラシカルな雰囲気を引き出すべく、ナロー化を実施。オリジナルのビターチョコレートと呼ばれるカラーにペイント。ルーフはバイナルを張り上げ、アメ車っぽい雰囲気も醸し出す。

    ●クリムソン・dean ●TOYO オープンカントリーMT(255/85R16) ●LC60風丸目コンバージョン ●ランクル60純正バンパー ●ナロー仕様 ●ビニールレザーバイナル張り上げ ●リアルウッドモール ●オリジナルシートカバー、ドア内張り貼り替え ●オリジナルコイル、ダウンテール

  • _B0V4720 _B0V4734 _B0V4759 _B0V4780 _B0V4790

    LANDCRUISER 100

    昨年開催されたランクル100のコンプリートカーコンテスト。各店舗がその技術力とセンスを競い合ったが、優勝に輝いたのがこのスタイル。エアロ&ローダウンが多い中で、やはり王道と言うべきワイルド&リフトアップスタイルは、根強い人気を誇る。

    ●FUEL D523-Dune ●FEDERAL COURAGIA MT(35×12.5R20) ●グリルガード ●エルフォード・60mmオーバーフェンダー ●FLEXオリジナルカーボンピラーカバー ●ブラックドアノブ ●ガナドールマフラー ●FLEXオリジナル4インチボディリフト

     

  • _B0V5222 _B0V5242 _B0V5258

    LANDCRUISER 100

    ここ数年、変化が乏しかったランクル100に新たな風を吹き込むべく、ゴールドマンクルーズとFLEXが共同開発したスピンドルグリル風のフロントバンパー。ダクトの設けられたオーバーフェンダーも、最近のスタイルと言える。

    ●クリムソン・TITAN ●FEDERAL COURAGIA F/X(305/40R22)●ゴールドマンクルーズフロントバンパー&グリル ●ゴールドマンクルーズオーバーフェンダー ●オリジナルプロジェクターヘッドライト ●Dottyシートカバー

  • _B0V3632 _B0V3607 _B0V3672 _B0V3717

    FJ CRUISER

    とことんまで赤にこだわったスタイルで、ボディ、ホイール、サスペンションの色を統一。その流れは止まる事を知らず、インテリアも徹底的に黒×赤で統一。シートベルトまでレッドに変更しているのはお見事!

    ●KMC XD811 RSII ●NITTO・マッドグラップラー(37×13.5R22) ●ラフカントリー6インチリフトアップキット ●カースタイル・オーバーフェンダー ●カースタイル・スムージングパネル ●オリジナルシートカバー&ヘッドレストモニター●LEDヘッドライト

     

  • _B0V9228 _B0V9235 _B0V9196

    FJ CRUISER

    USモデルをベースにリフトアップを行ない、タイヤサイズは285/75R16をチョイス。バンパーコーナーなどシルバーをブラックに変更し、イエローとのコントラストを引き立てる。背面タイヤをレスにし、都会的な雰囲気も。

    ●クリムソン・MGモンスター ●カースタイル・スムージングパネル ●DMT・フロントバンパーverI ●バイザーモニター

  • _B0V4606 _B0V4625 _B0V4635

    FJ CRUISER

    USモデルの限定車「トレイルチームエディション」が欲しいけど、左ハンドルは…。そんな人に最適な仕様がこちら。ベースは新車の右ハンドルで、US純正パーツを装着し各部をブラックに。ルーフもボディカラーに変更。これなら奥さんも運転できるでしょ!

    ●MKW MK-46 ●NITTOトレイルグラップラーMT(285/70R17) ●US純正ルーフラック&スペアタイヤカバー ●FLEXオリジナルサスペンション ●ルーフボディ同色

     

  • LANDCRUISER 60

    丸目or角目、ワイドorナロー。さらに屋根の形状と、ここまでバリエーション豊かなモデルも、60以外にはないだろう。オリジナルにこだわるのもアリだし、カタログにはない自分だけの仕様も製作可能。まさに自分好みのクルマを、自由自在に作ってもらえる。

  • 044 045

    LANDCRUISER 60

    グリジアロイというフェラーリの純正色を纏う、シンプルなスタイルの60。実はベース車両は62Gで、平屋根&丸目に変更。最近の80とは逆のカスタムを施し、よりクラシカルな雰囲気を強調させている。

    ●クリムソン・dean ●BFグッドリッチKM2(255/85R16) ●4インチリフトアップ ●平屋根/ナロー/丸目コンバージョン ●オリジナルシートカバー ●ワンオフマフラー

     

     

  • _B0V2086 _B0V2099

    LANDCRUISER 70

    四駆乗りにとってのファミリーカーとして、確固たる地位を築いたランクル76。カントリーサスペンション&ブラッドレーVという王道スタイルは、今でも根強い人気がある。

    ●4×4ES・ブラッドレーV ●ヨコハマ・ジオランダーM/T+(285/75R16) ●4×4ES・カントリーサスペンションキット ●FLEXオリジナルステアリング&シフトノブ

  • _B0V0480

    LANDCRUISER 70 PRADO

    スクエアなボディラインで、扱いやすいサイズ。今なお全国的に高い人気を誇るのが70プラド。数年前まではブラックが圧倒的に多かったが、ここ数年はポップなカラーの人気が高まっている。様々なバリエーションがあるので、きっとお気に入りの色がみつかるはずだ。

  • _B0V4379 _B0V4400 _B0V4420 _B0V4450 _B0V4475 _B0V4494

    LANDCRUISER 80

    四駆はリフトアップ! そんな人にオススメしたいのがこのランクル80。リフトアップ&オリジナルのワイルドなオーバーフェンダーで、より大きなスタイルを実現。モールやピラーにカーボンをあしらい、ワイルドさだけでなくスポーティさも付加する。

    ●クリムソン・MG DEMON ●TOYOオープンカントリー(315/75R16) ●FLEXオリジナル60mmオーバーフェンダー ●FLEXオリジナルカーボンピラーカバー ●5.5インチリフトアップ

     

  • _B0V3383 _B0V3402 _B0V3418

    LANDCRUISER 80

    クラシカルさの中にも、艶やかさを。そんな雰囲気で仕上げられたのがこの80だ。FJクルーザーの4ドア版と言うべき出で立ちで、初期型のTOYOTAグリルがFJっぽさを強調。最新作のMK-46B/Lのリングをボディ同色にし、足元に華やかさを添える。

    ●MKW-MK-46B/L+(ビードリングをボディ同色) ●角目4灯 ●初期型グリル ●TOYO・オープンカントリー(315/75R16) ●クリスタルテール

  • _B0V3207 _B0V3242 _B0V3257

    LANDCRUISER 80

    オレンジの80と同様のコンセプトで仕上げられるが、イエロー×ブラックは、少々スポーティな雰囲気も。オーバーフェンダーのマットブラックは、80では今までありそうでなかったスタイルと言えよう。

    ●クリムソン・MGモンスター ●KUMUHOロードベンチャーMT(315/75R16) ●角目4灯 ●初期型グリル ●momoステアリング ●ガナドールマフラー ●クリスタルLEDテール

  • _B0V4526 _B0V4556 _B0V4565 _B0V4590

    LANDCRUISER 80

    ランクル80をシンプルなナローモデルで乗りたいけれど、装備は妥協したくない。そんなワガママを叶えてくれるクルマがFLEXにはある。輸出仕様の角目&初期型のグリルに交換し、クラシカルな雰囲気に。足元のdeanと見事なハーモニーを奏でる。

    ●クリムソン・dean ●BFグッドリッチKM2(255/85R16)
    ●3インチリフトアップ ●角目4灯&前期型グリル

  • _B0V3482 _B0V3502 _B0V3523 _B0V3533

    LANDCRUISER 80

    ブラックとシルバーで統一されたボディとホイール。また今では少なくなってしまったグリルガード装着車だが、やはり定番カスタムは時が流れても色あせないもの。流行に流されず、自分のスタイルを貫くのもアリだ。

    ●ディックシーペック・DC-2 ●Fierce・ATTITUDE MT(315/75R16) ●5インチリフトアップ ●ヘッドライト ●LEDテール ●FLEXシートカバー

     

     

  • _B0V5278

    LANDCRUISER 150 PRADO

    昨年の秋にマイナーチェンジでフロントマスクが一新された150プラド。FLEXでは新車のカスタムも実施中。2インチのリフトアップを行ない、タイヤ&ホイールを変えただけで見違える程カッコ良くなる。

    ◆ホワイト150プラド ●MKW・MK-36 ●BFグッドリッチKM2(285/70R17) ●2インチリフトアップ

    ◆ブラック150プラド ●クリムソン・MGモンスター ●BFグッドリッチ・KM2(285/70R17) ●2インチリフトアップ

     

     

  • _B0V5137

    LANDCRUISER 120 PRADO and HILUX SURF 215

    今なお根強い人気を誇る215サーフ&120プラド。こちらも2インチ程度リフトアップすれば、タイヤの選択肢が広がる。どちらもMTタイヤに変更し、オフロード色を強める。

    ◆120プラド ●クリムソン・MGビースト ●BFグッドリッチ・KM2(285/70R17) ●2インチリフトアップ

    ◆215サーフ ●クリムソン・MGデーモン ●BFグッドリッチ・KM2(285/70R17) ●2インチリフトアップ

     

  • _B0V4649 _B0V4675

    CYGNUS

    ●クリムソン・MGデーモン ●BFグッドリッチ・KM2(315/75R16) ●オリジナル2インチサスペンション ●ZEAL4インチボディリフト

     

  • _B0V5319 _B0V5358 _B0V5384

    LANDCRUISER 100

    見た目は非常にシンプルで、ノーマル? と思ってしまうほど。だが、エンジンルームを覗くとヘッドの上にはスーパーチャージャーが。2トンを超えるボディ重量を感じさせないほどの加速力で、アクセルを少し踏み込むだけで体がのけぞるほど。FLEXでは、ドレスアップだけでなくチューニングにも対応してくれる。

    ●TOM’Sスーパーチャージャー ●最終型ルックグリル(オリジナルペイント) ●社外サイドステップ&LEDランプ

     

     

  • _B0V0553

    LANDCRUISER 90 PRADO

    80などで培われたナロースタイル。その波は90プラドにも到来している。すっきりとしたナロー&丸目にコンバージョンし、敢えて無塗装のバンパーを装着。FJクルーザーっぽいテイストを醸し出している。

     

  • _B0V4937 _B0V4962

    TUNDRA

    早くも最新型のタンドラ、しかも最上級グレードのプラチナムをベースにカスタマイズ。サスペンションはアイコンを使用し、リアはブロックで2.5インチリフト。フルラッピングの効果も高く、トラックとは思えないほどスタイリッシュに仕上げられている。

    ●クリムソン・MGモンスター ●FEDERAL COURAGIA MT(35×12.5R20) ●フルラッピング ●WARN9.5cti ●ICONサスペンションキット ●プロスタッフ・ブロック

     

     

     

  • _B0V0567 _B0V0581 _B0V0606

    TUNDRA

    ランクル専門店のFLEXだが、USトヨタなどの逆輸入車も販売している。現行型タンドラのオフロードパッケージなど、限定車も入手可能。ちなみにビルシュタインショックが標準で装着されている。

     

     

特集一覧に戻る