こだわり検索

(1) 車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

(2) パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

+ ホイールサイズを選択

ELFORDエルフォード by メイワ

  • 最新デモカー
官能的ヒップラインに ロー&ワイドを実装!

先駆者として熟成させたランクル・ボディメイク

  誰もが認めるランクル・ボディメイク日本代表の「エルフォード」。後期型ランクル200、そしてLX570の新作エアロを待ち望む声は多かったはずだ。それは、これまでエルフォードが提案してきたボディメイクの集大成的になることが予想できたからだ。そのコンセプトは明確。ベース車の風格と存在感を崩さずに、一見純正と思われるようなマッチングでブラッシュアップすることだ。 まずランクル200のフロントは、スピンドル形状と大型5連デイライト&フォグランプを採用するほか、ボトム部にアンダーウイングを配して、足回りによるローダウンなしで、圧倒的なロー&ワイドフォルムを構築する。 一方のリヤ回りはエルフォードを象徴する〝Lバン〟を設定。レクサスLX純正テールフィニッシャーを採用し、その内部には、バイパスマフラーによるリアル排気のエキゾーストシステムがインストールされる。 LX570は、モデリスタエアロのフロント/サイドにランクル200と同コンセプトのエクステンションを採用し、こちらもやはりロー&ワイドフォルムを強調。リヤを覗けば、左右4本出しのスクエアテールマフラーへの換装によって、LX570の存在感をさらに際立たせているのが分かる。完成度の高いアピアランスだが、右ページのCGを見れば分かる通り、さらなるプロジェクトはすでに進行している。
  • ELFORD/LEXUS LX570
    コンパクトなマッドフラップをさりげなく実装。泥除けだけでなく、ワイドタイヤ装着時にインナーカバーへの干渉を防ぐ効果も。
  • ELFORD/LEXUS LX570
    ●EXTERIOR
    ELFORD アンダーウイング(モデリスタフロントスポイラー専用)…¥48,000(※部分カーボン仕上げ…¥69,000)
    ELFORD サイドディフューザー(プロトタイプ)…近日発売予定
    ELFORD 3Dウインドウトリムキット…¥45,000
    ELFORD マッドフラップミニタイプ…¥5,000
    ●SOUP UP
    ELFORD 左右4本出しマフラー&カーボンパネルキット…¥190,000
    ●TIRE&WHEEL
    YOKOHAMAパラダSpec-X(295/35R24)
    ELFORDセレスティアル(24×10J)※ブラッシュアップ…¥240,000/本
  • CA4R0395

    モデリスタ製フロントスポイラー装着車のスピンドルグリルはより先鋭的。

    CA4R0423

    モデリスタエアロ専用に開発されたオリジナルのアンダーウイング。ボトム部にエアロオン・することで、顔回りをボリュームアップ。ローダウンコイルなしで、さらなるワイド&ロー化を実現。ウイング上の開口部には、5連LEDデイランプパネルを設定済。

    CA4R0350

    トータルのロー&ワイドフォルムに貢献するサイドディフューザー(写真はプロトタイプ)。製品版はもう少し絞り込んだ絶妙な形状を採用している。

    CA4R0525

    スクエア4本出しのマフラーは、デモカーが装着するモデリスタ製リアスカートに対応し、さらにリヤビューで存在感を主張。メッキパーツとの相性も良いカーボンパネルとのセット販売。マフラー取り付けはリアスカートのカット加工と、スペアタイヤ撤去が必須だが、そのままでは空気圧警報システム(TPWS)が、アラートを発するため、ダミーシステムでエラーを解除する専用タンクを用意。

  • エルフォードオリジナルの24インチサイズの日本製鍛造ホイール「セレスティアル」。スポーティなメッシュデザインを採用。このサイズでは、国内最軽量・高剛性スペック。24インチサイズによる洗練された見た目もさることながら、大径ホイールのデメリットであるバネ下重量の増加を抑制。純正21インチのタイヤ&ホイールより軽量に。タイヤはパラダ スペック-Xの295/35R24を履く。

  • ELFORD/LAND CRUISER 200
    ●EXTERIOR
    ELFORD フロントバンパースポイラー(FRP仕上げ)…¥165,000(※部分カーボン仕上げ…¥185,000)
    ELFORD サイドステップ(FRP仕上げ)…¥50,000(※部分カーボン仕上げ…¥75,000)
    ELFORD リヤバンパースポイラータイプ3(ステンレス製バイパスマフラー&レクサスLS純正テールフィニッシャー付属)……¥230,000(※部分カーボン仕上げ…¥260,000)
    ELFORD 3Dウインドウトリムキット…¥48,000
    ELFORD マッドフラップミニタイプ…¥5,000
    ●SOUP UP
    ELFORDスロットルスペーサー…¥15,000
    ●TIRE&WHEEL
    YOKOHAMAパラダSpec-X(305/35R24)
    ELFORD カタリスト(24×10J)…¥241,000~¥276,000
  • CA4R0305

    エルフォードの「レクサスコンセプト」エアロの代名詞でもある、通称エルバンことリヤバンパースポイラー。レクサスLS純正テールフィニッシャーのほか、ステップ部のパネルにステンレスモールLX570純正パーツを採用。最大の特徴は、テールフィニッシャーからリアル排気を実現する左右出しのバイパスマフラーを付属している点。センターディフューザーやサイドダクトなどを採用したディテールは熟成の域にある。

    CA4R0263

    スピンドル形状のビッグフェイスを確立するフロントバンパースポイラー。ボトム部に配置したウイング形状のアンダースポイラーによって、やはりローフォルムを生み出す。塗り分けに適した別体構造を採用。 左右の大きな開口部には5連LEDデイランプをインストール。フォグは純正流用。メッシュがスポーティさを煽る。

    CA4R0078

    ZXグレード専用純正サイドステップ下に取付けて、前後バンパーとのバランスを整えるサイドスポイラー。乗降性を犠牲にしないデザイン。部分カーボン仕上げをラインアップ。

    CA4R0166

    サイドウインドウのエンドをカバーする高輝度ステンレス製モール。純正モールと上手く連結させた形状を採用して、側面をグルリと飾る。高品質なMADE IN JAPAN。ドアバイザー有/無の両方を設定。

    CA4R0147

    SUVのサイドボリュームに負けない24インチサイズの大径感を最大限に発揮する15本スポークの日本製・鍛造マルチピースホイール「カタリスト」。下写真の「フェイス1」とスポーク片側にミーリング加工を施した「フェイス2」を設定。マルチピースならではの豊富なサイズや仕様を選べるセミオーダーホイール。

特集一覧に戻る