こだわり検索

(1) 車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

(2) パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

+ ホイールサイズを選択

DUNLOPダンロップタイヤ(住友ゴム工業)

  • 注目アイテム
「グラントレック」のダンロップからハイパフォーマンスタイヤ、現わる!

すべてのユーザーに捧ぐダンロップの全方位タイヤ

  ダンロップの4WD&SUVタイヤの懐は非常に深い。例えばリプレイスタイヤとしてはもちろんのこと、広くメーカー純正に採用されている「GRANDTREK(グラントレック)」ブランドは、ユーザーにもお馴染みだ。グラントレックブランドには、走行シーンに応じた3タイプ(PT3/MT2/AT3)をラインナップ。 ちなみに「WINTER MAXX(ウインターマックス)SJ8」は、従来のSJ7まではグラントレックブランドに属していた4WD&SUV専用スタッドレスタイヤだが、このモデルからダンロップのスタッドレスタイヤブランドであるウインターマックスの名を冠し、従来以上の卓越した雪上・氷上性能を手に入れているだけでなく、快適なドライ性能やロングライフ性能もしっかりと確保している。 さらに注目したいのが、高重心のプレミアムSUV用に最適化した最新タイヤ「SP SPORT MAXX050+FOR SUV(SPスポーツマックス050+フォー・エスユーブイ)」だ。 左右非対称パターンを採用したデザインは、アウト側のブロックを大きくすることで、ブロック剛性を高め、高いコーナリングパフォーマンスを実現。SUV専用構造とすることで、SUV特有の高速走行時のふらつきを抑えて、高い操縦安定性能を実現。また、シリカ充填量を最適化した「4Dナノデザイン」を採用し、ウエット路面での高いグリップ力を発揮し、主溝容積を多く確保したトレッドデザインと相まってすぐれた排水性を実現し、ドライ路面はもちろん、ウエット路面でも安心感あるフットワークを確保する。 どんなユーザー、どんなシーンにも対応できる幅広いラインナップによる、ダンロップが届ける真摯なタイヤ技術がここにある!
  • ●SP SPORT MAXX 050+ FOR SUVは輸入SUV向けのハイパフォーマンスタイヤ。転がりの軽さやシャキッとした乗り心地は、ターゲットモデルのスポーティなフットワークともマッチしていて爽快感が味わえる。また、ステアリング操作に対しての素直な反応によるクルマとの人馬一体感も特筆点だ。優れた直進性はもちろん、静粛性にも不満は全くないレベルだ。

    zoom

  • SP_SPORT_MAXX_050+_PC717CC

    高剛性バンドを採用することで、高速走行時に発生するタイヤの内部構造の変形を抑制。通常のバンドを採用するタイヤと比べて、接地形状の変化を抑えたことで、操縦安定性に関わる大きな接地面積の確保を実現。 ●高剛性バンド(イラスト緑の部分)

    SUV専用構造をチューニング。重心の高いSUVのために、ケースに強靭な材料を採用。コーナリング時などの高荷重時でもタイヤ全体の剛性を保ち、タイヤがよれずに安定したコーナリングや操縦安定性を確保する。 ●強靭な材料を使用したケース(イラスト赤の部分)

    Print

    新材料開発技術である「4D NANO DESIGN」を用いることで、シリカ充填量を最適化。シリカを高充填したゴムが塗れた路面に、より密着する。主溝容積を広くとったパターンとも相まって、優れた排水性を実現している。 ●新材料開発技術による配合のイメージ図

    SP SPORT MAXX 050+ SUV_正面

    アウト側(写真右側)のブロックを大きくした左右非対称パターンを採用するスポーツマックス050+ FOR SUV。コーナーリングでもブロックがよれにくい構造が、操縦安定性に貢献する。

  • SP SPORT MAXX G050+ FOR SUV サイズラインアップ
    ●★295/30R22    103Y    737    301    10½
    ●★295/35R21    107Y    739    301    10½
    ●★315/35R20    110Y    728    320    11
    ●★275/40R20    106Y    728    278    9½
    ●★275/45R20    110Y    756    273    9
    ●★255/50R20    109Y    764    264    8
    ●★275/45R19    108Y    731    273    9
    ●★285/45R19    111W    739    285    9½
    ●★265/50R19    110Y    749    277    8½
    ●★255/55R19    111W    763    264    8
    ●★255/55R18    109Y    737    264    8
    ★235/60R18    107W    739    239    7
    ● 275/55R17    109W    734    284    8½
    ●=MFS(Max Flange Shield)※リムプロテクター付きタイヤ
    ★=EXTRA LOAD規格(負荷能力強化タイプ)
    ※非対称・非方向性の左右共用パターンのため、「OUTSIDE」の刻印側が車両の外側になるように装着してください。

     

  • zoom0

    ※ポルシェ・マカンなどの輸入SUV向けのハイパフォーマンスタイヤとして、全13サイズをラインアップする。

  • GRANDTREK PT3

    リブ配分を等しくしたセンター部が剛性分布を均一化し、専用パターンの採用により、路面との接地感を向上。また、操舵時の局所的な接地圧の集中を防ぐのが「真円プロファイル」。これにより、直進時、コーナリング時ともに接地圧分布が均一となり、先代のPT2と比べて飛躍的な進化を遂げている。つまり、操縦安定性能の向上に繋がっている。また、ウエット路面でもドライ路面に近い安心感に貢献しているのがSUV専用低発熱密着ゴムの採用だ。

    094A7220

    グラントレックシリーズで、オンロードの質感を高め、さらに快適性を大幅に引き上げているのがPT3であり、ここに挙げる4つの性能が魅力となる。優れた操縦性はSUVオーナーが求める性能をダイレクトに表現し、低燃費とロングライフ性能、さらにウエット路での安心感を併せ持っていることがポイント。PT3が採用する技術は、コンフォートな乗り心地の中にしっかり感を高めた剛性感をハイバランスさせていることにある。シーンを選ばない高い質感は一般道から高速道まで、さらにスポーティな走りにまで幅広く対応。

  • GRANDTREK AT3
    _S1K7729

    オンロードの快適性をスポイルすることなく、オールラウンドな性能がAT3の特徴であり、4WD&SUVの持つ行動半径の広さをさらに高めてくれるタイヤだ。タフさを強く表現したトレッドパターンは見た目以上に強力なトラクションをオフロードで発揮するとともに、オンロードでは、安定性と操縦性をハイバランスさせ、さらにウエット時の安心感が高いことが魅力。すべてのシチュエーションで、快適性とロングライフ性能を併せ持っているのもオールラウンドタイヤであるAT3の魅力となっている。

    ミドルブロックと一体化したセンターリブ採用し、「ストレートセンターリブ」が優れた高速安定性を発揮し、「スリーメインストレートグルーブ」はウエット性能を向上するだけでなく、ブレーキ性能も高めてくれ、「ロングラテラルグルーブ」がさらなるウエット性能の向上に貢献している。また、しなやかな乗り心地は「ショルダーサイプ」によるものであり、全体の剛性感に貢献する「フルバンド」、ノイズの抑制を実現しているのは「2in1ショルダーブロックパターン」によるものだ。

  • GRANDTREK MT2

    MT2WMT2N

    マッドタイヤとしての排土性能などを重視しながら、オンロードでの快適性に配慮したデザインのワイドタイプ(写真左)のサイズはLT225/75R16〜LT285/75R16。一方、ナロータイプは、さらにマッド性能に特化したパターンを持ち、7.00R16〜LT255/85R16までのサイズを揃える。シーエリアはナロータイプで62%、ワイドタイプでも58%を確保していることが、泥にめっぽう強いタイヤと言われる由縁だ。

     

    MT2走り1

    ハードなオフロード性能に特化させ、そのポテンシャルは想像以上にハイレベル。硬派なファンから高い支持を受けているタフなマッドテレーンタイヤがMT2。トレッドデザインを「ワイドタイプ」と「ナロータイプ」の2パターンへ完全に分け、サイズ設定もそれぞれで変えるなど、ある意味マニアックな特徴を持つ。ワイドとナローの違いはセンターブロックにあり、両方とも一見トラディショナルなパターン。そして、デジタル・ローリング・シミュレーション技術はダンロップならではであり、この技術の採用がMT2のポイントだ。

     

  • WITER MAXX SJ8

    専用トレッドパターンにより設計したSJ8。「大型スロットT字型溝」をミドルブロックに配置し、圧雪や新雪をタテ×ヨコにつかんでグリップ。また、排水性を向上させる「ダブルイナズマグルーブ」、方向性のある「ラグ溝」が水・シャーベットを効率的にかき出し、トラクション性能を確保。さらに、4WD & SUV特有のふらつき感を低減し、タイヤの剛性を高めることでドライ路面での操縦安定性を確保している。

     

    X-TRAIL・・INTER MAXX SJ8IMGP1135

    ウインターマックスSJ8は、4WD&SUV専用スタッドレスタイヤ。ポイントは、「ナノフィットゴム」が高い剛性と接地面だけが柔らかい性質を実現。さらに、アイスバーンの細かな凹凸に密着しグリップを確保し、さらにエッジ成分を増している。「新ミウラ折りサイプ」を採用し、アイスバーンをしっかり引っかき、氷上でのブレーキ性能を確保した点は特筆できる点。また、ドライ路面でも快適そのもので、ハンドリングのしっかり感が印象的。ロングライフ性能に大きく期待できることも含め、シーズン前の早期装着がオススメだ。

特集一覧に戻る