こだわり検索

(1) 車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

(2) パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

+ ホイールサイズを選択

DUNLOPダンロップタイヤ(住友ゴム工業)

  • 注目アイテム
タイヤを求める すべての4WD・SUV ユーザーのために。
【グラントレックを中心に悪路からアーバン使用まで】
 
 リプレイスタイヤとしてはもちろん、メーカー純正タイヤとしても広く採用されている4WD・SUV専用タイヤ「GRANDTREK(グラントレック)」シリーズを中心に、ハイパフォーマンスSUV専用のフラッグシップタイヤまで、どんなユーザー、どんなシーンにも対応できる幅広い4WD・SUVタイヤを取り揃えるダンロップ。 その姿勢は、1913年に国産初の自動車タイヤを世に送り出してから100年、常にタイヤ製造技術の先駆者としてより良いタイヤを生み出すための工法を磨き続けてきた歴史ともリンクする。例えばスーパーコンピュータ内でタイヤモデルを転動させ、数々のシミュレーションを可能にした技術「Digital Rolling Simulation(DRS)」。より現実的かつ理論的でスピーディーなタイヤ開発を実現することで、ダンロップ独自の「環境」「快適」「安全」技術を搭載した優れたタイヤを生み出しているというワケだ。 ひとつのジャンルとして認められ、車種バリエーションを続々と増やしている4WD・SUVだが、そのキャラクターはオンロード主体のモデルから、オールラウンド性能を謳うモデルまで千差万別。それらが履くタイヤのキャラクターにも、バリエーションが求められている。その声に応えるカタチで、4WD・SUV専用タイヤブランドとして中核をなすグラントレックには、走行シーンに応じた3タイプ(PT3/MT2/AT3)のタイヤが用意されている。中でも、GRANDTREKPT3は、多くのSUVオーナーが求める乗り味やパフォーマンスを追求した新世代SUV用タイヤ。それは、乗用車的な素直な操縦性と安心感につながる走行安定性、雨天時でも晴天時と変わらぬ性能、低燃費とロングライフを期待できる環境性能が特徴だ。 そうした思想をさらにブラッシュアップしたのが、輸入プレミアムSUV用に最適化したフラッグシップタイヤ「SP SPORT MAXX050+FOR SUV」。左右非対称パターンを採用したデザインは、アウト側のブロックを大きくすることでブロック剛性を高め、高いコーナリングパフォーマンスを実現。SUV専用構造とすることで、SUV特有の高速走行時のふらつきを抑えて、高い操縦安定性能を実現する。 また、ダンロップ史上最高傑作の域まで氷雪性能が高めらたスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX(ウインターマックス)SJ8」は、冬タイヤとしての基本性能はもちろん、快適なドライ性能やロングライフ性能もしっかりと確保しているのが魅力だ。 そう、タイヤを求めるすべての人のために、ダンロップの全タイヤには、独自の技術と思想が行き届いているのだ。
  • ダンロップが誇る 4WD・SUV専用ブランド「GRANDTREK」

    ダンロップの4WD・SUVタイヤとして、ユーザーにもお馴染みのブランドである「GRANDTREK(グラントレック)」。リプレイス用に幅広いラインナップを持っているだけでなく、ランドクルーザー200の最上級グレードZXの純正タイヤとして採用されるほか、様々な自動車メーカーに選ばれていることからも、トータル性能への信頼性は高い。バリエーションはオフロード性能とオンロード性能をバランスさせたAT3、ハードなオフロード走破性を与えたMT2、そして、オンロードのスポーティ性能と快適性を引き上げてくれるPT3をラインアップする。

     

    b

  • GRANDTREK MT2

    マッドタイヤとしての排土性能などを重視しながら、オンロードでの快適性に配慮したトレッドデザインを持つタイヤがMT2。サイズによって異なり、ワイドタイプ(写真上)のサイズはLT225/75R16〜LT285/75R16。一方、ナロータイプ(写真下)は、さらにマッド性能に特化したパターンを持ち、7.00R16〜LT255/85R16までのサイズを揃える。シーエリアはナロータイプで62%、ワイドタイプで58%を確保することが、泥にめっぽう強いタイヤといわれる由縁でもある。

     

    dunlop_mt2_01

    ●ハードなオフロード性能に特化し、そのポテンシャルは想像以上にハイレベル。硬派なファンから高い支持を受けているタフなマッドテレーンタイヤがMT2だ。トレッドデザインを「ワイドタイプ」と「ナロータイプ」の2パターンへ完全に分け、サイズ設定をそれぞれ変える。両者の違いはセンターブロックにあるが、DRS技術の採用で、オンロードでの快適性を損なわないのも特徴。

  • GRANDTREK AT3

    オンロードの快適性をスポイルすることなく、フィールドでの走りも楽しみたいという、オーナーの期待に応えてくれるタイヤがAT3だ。ミドルブロックと一体化したセンターリブを採用し、「ストレートセンターリブ」が優れた高速安定性を発揮し、「スリーメインストレートグルーブ」はウエット性能を向上するだけでなく、ブレーキ性能も高めてくれ、「ロングラテラルグルーブ」がさらなるウエット性能の向上に貢献している。また、しなやかな乗り心地は「ショルダーサイプ」によるものであり、全体の剛性感に貢献する「フルバンド」、ノイズの抑制を実現しているのは「2in1ショルダーブロックパターン」によるもの。

     

    _C1C0315

    ●その走りの特徴は、オンロードからオフロードまでバランス良く駆け抜けられる性能にある。オンロードでは特に高速走行時の安定性と操縦性をハイバランスさせつつウエット時の安心感を高め、オフロードではタフさを強く表現したトレッドパターンにより、強力なトラクションを発揮する。一方でその見た目から想像できない快適性、さらに良好なロングライフ性能を誇るのもポイント。

  • GRANDTREK PT3

    グラントレックシリーズにおいて、オンロードの質感を高め、さらに快適性を大幅に引き上げているタイヤが、このPT3。特に、ここに挙げた4つの性能が魅力だ。「優れた操縦性」はSUVオーナーが求める性能をダイレクトに表現し、「低燃費」と「ロングライフ性能」、「ウエット路での安心感」を併せ持っていることがポイントだ。なお、PT3が採用する技術の凄さは、コンフォートな乗り心地の中にしっかり感を高めた剛性感をハイバランスさせていることにある。シーンを選ばない高い質感は一般道から高速道までスポーティな走りまで幅広く対応し、さらに溝を深く確保したM+Sタイヤとして、オフロード性能にも配慮。

     

    094A7636

    ●リブ配分を等しくしたセンター部が剛性分布を均一化する専用パターンの採用により、路面との接地感を向上。また、操舵時の局所的な接地圧の集中を防ぐ「真円プロファイル」を搭載。これにより、直進時、コーナリング時ともに接地圧分布が均一となり、高い操縦安定性能を確保。ウエット路面でもドライ路面並の安心感に貢献するSUV専用低発熱密着ゴムの効果にも注目。

  • SP SPORT MAXX 050+ FOR SUV

    SP SPORT MAXX 050+ SUV_正面 SP SPORT MAXX 050+ SUV_真横

    SP SPORT MAXX 050+ FOR SUVは輸入SUV向けのハイパフォーマンスタイヤとして、全15サイズを用意。アウト側(写真右側)のブロックを大きくした左右非対称パターンを採用するスポーツマックス050+ FOR SUV。コーナーリングでもブロックがよれにくい構造が、操縦安定性に貢献する。

    転がりの軽さやシャキッとした乗り心地は、ターゲットモデルのスポーティなフットワークともマッチしていて爽快感が味わえる。また、ステアリング操作に対しても素直に反応。コーナーリングの操縦安定性も含め、クルマとの人馬一体感が魅力。優れた直進性はもちろん、静粛性にも配慮されているほか、ウエット性能の高さにもハイパフォーマンスタイヤとしての実力が表れている。

  • SP_SPORT_MAXX_050+_PC717CC OL_1405_255_55R18_SP_SPORT_MAXX_050+_PC717BB_2

    ●高剛性バンドを採用することで、高速走行時に発生するタイヤの内部構造の変形を抑制。通常のバンドを採用するタイヤと比べて、接地形状の変化を抑えたことで、操縦安定性に関わる大きな接地面積の確保を実現。

    ●SUV専用構造をチューニング。重心の高いSUVのために、ケースに強靭な材料を採用。コーナリング時などの高荷重時でもタイヤ全体の剛性を保ち、タイヤがよれずに安定したコーナリングや操縦安定性を確保する。

  • Print Print●新材料開発技術である「4D NANO DESIGN」を用いることで、シリカ充填量を最適化。シリカを高充填したゴムが塗れた路面に、より密着する。主溝容積を広くとったパターンとも相まって、優れた排水性を実現している。

  • その他4WD・SUVタイヤにも注目!
  • WINTER MAXX SJ8

    先進技術のMAXXシャープエッジとナノフィットゴムにより、氷上ブレーキ性能を4WD&SUV専用のスタッドレスタイヤ「GRANDTREK SJ7」より11%アップした「WINTER MAXX (ウインターマックス)SJ8」。MAXXシャープエッジは、ダンロップ独自のサイピング技術「ミウラ折りサイプ」のサイプ幅を25%細くした「新ミウラ折りサイプ」を採用し、エッジ成分を22%アップさせたもの。その増加したエッジ成分がアイスバーンをしっかり引っかき、氷上でのブレーキ性能を向上させる。またナノフィットゴムは、ダンロップ独自の新素材開発技術「4D NANO DESIGN」でナノレベルでゴム特性をシミュレーションしたもの。ナノレベルで密着する柔軟性とブロックの倒れ込みを抑制するマクロなゴム剛性を発揮する。さらにパターンデザインなどにより、雪上/ドライ/ウエット/環境性能なども大幅に向上させている。

     

    _B0V0479X-TRAIL・・INTER MAXX SJ8IMGP1135

  • image_wet DSX-2_RED

    ●25%シャープになった新ミウラ折りサイプによってエッジ成分も増加。ブロックの倒れ込みを抑制する。

    ●ナノ領域のゴムの柔軟性でアイスバーンの凹凸に密着。

    ●方向性のあるラグ溝が水やシャーベットをかきだし、ダブルイナズマグルーブが排水性能を向上させウエット性能を高める。

特集一覧に戻る