こだわり検索

(1) 車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

(2) パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

+ ホイールサイズを選択

4×4 CRAZE4×4クレイズ

  • 最新デモカー
関西圏で名を馳せるジープ・マイスター
US製と自社パーツを融合させた2台のJK  

数少ない本格4WDのポテンシャルを備え、ワイルドなカスタマイズが似合うジープ・ラングラー。とりわけ、現行のJK型ラングラーは、日常で使い勝手の良い4ドアモデル・アンリミテッドが注目を浴びている。大阪府摂津市の4WDショップ「4×4クレイズ」でも、ジープ・ラングラーの街乗り仕様のライトなカスタマイズからハードなオフロード仕様、ハイリフトスタイルまで、専門店ならではの知識とノウハウで幅広いカスタムに対応する。 まずはド肝を抜く40インチ外径のマキシスタイヤを履きこなしたオフロードスタイル満点のデモカーだが、足回りはプロコンプ4インチアップキットとコイルスペーサーによる調整で、およそ7インチアップを実現。そのタイヤを飲み込む50㎜ワイドのオーバーフェンダーは、4×4クレイズのオリジナルだ。

一方、比較的落ち着いたサハラがベースのデモカーは、オリジナルの40㎜アップコイルスプリングに換装した。そこに、アンプリサーチの電動パワーステップを装備することで家族でも使いやすいという乗降性の向上を図った。 4×4クレイズではハイリフト車などのメンテナンスも行なうため、クライスラーディーラーで使用されるテスターをしっかりと備え、コンピューター診断も可能。そう、カスタムからメンテまで頼れるジープショップなのだ。
  • RSF_7882RSF_7884

    迫力ある前後のクロカンバンパーはスミッティービルト・XRCシリーズ。そこに、4×4クレイズオリジナルの50㎜
    ワイドオーバーフェンダーを装着(USA製で、クオリティも高い)。さらに、べストップのトレックトップに換装して、
    ソフトトップ仕様にしているのもポイントだ。

  • 40×13.5R17のマキシス・Trepadorにレースラインホイール・981 Raptorをコンビ。40インチ外径のタイヤ履きのJKはそうそうない。

  • RSF_7872 RSF_7891 RSF_7871

    足回りに組み込んだのはプロコンプの4インチアップキットで、フロントリーディングアームも含まれている。さらにコイルスペーサーで調整も行い、怒涛のタイヤサイズを履きこなす7インチアップを実現した。

  • RSF_7910  RSF_7916RSF_7918

    足回りは4×4クレイズオリジナルの40㎜アップコイルスプリングを搭載。このコイルは純正ショックをそのまま装着することを想定した逸品で、ローコストでの軽いリフトアップに最適。なお、デモカーは255/75R17のタイヤに、ホイールはJKルビコン用を装着した。

     

  • mickey Thompson sidebiter

    PROCOMP7113

    Procomp 7103

    RACE LINE 925D-Havoc

    Dick Cepek DC-2

    アメリカンホイール代表の「ミッキートンプソン」「レースライン」「ディックシーペック」などのホイールを数多く取り扱う4×4クレイズ。また、あの「プロコンプ」や「スミッティービルト」の正規代理店でもあるため、最近力を入れているアメリカ本国からの輸入に関しても、絶対安心!

特集一覧に戻る