こだわり検索

(1) 車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

(2) パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

+ ホイールサイズを選択

ランクルの登場から現在までの歴史・編成を見ていこう

  • お役立ち
  • SUV
  • ランクル
ランクルは非常に長い歴史をもつSUV車だった!ランクルはSUVの中でも特に人気が高い車種だが、ランクルの歴史について知っている人は意外と少ない。 ランクルに興味があるならば、ぜひともその歴史についても知っておこう。ランクルにますます愛着を感じるようになるはずだ。 そこで、ランクルの歴史と編成について分かりやすくまとめてみた。
  • ランクルは非常に長い歴史をもつSUV車だった!

    ランクルが登場したのは1951年、昭和26年のことである。
    当時はランドクルーザーではなく、トヨタジープBJという名称で販売が開始された。
    国家警察のパトロールカーとして使われていたことからも、パワフルかつ安全性の高い車として当初から認知されていたことが分かる。
    1954年にトヨタジープBJから現在の呼び名であるランドクルーザーに名称が変わり、それと同時にフルモデルチェンジが行われた。そこで登場したのがランクル20系である。
    ランクルの歴史はトヨタジープBJから始まっているが、初代モデルは20系といわれるのはこうした所以がある。

  • 1960年から1980年までの編成を見ていこう

    20系が北米でも人気となり、数年後には海外向けの30系が登場した。
    1960年には20系のフルモデルチェンジが行われ、40系がデビューする。
    40系は、1984年にランクル70系へと引き継がれることで販売が終了となるが、24年間という自動車生産市場において非常に長い期間生産が続けられた車種として有名である。
    1967年には55系が販売され、40系(70系)と2つのモデルが存在することになった。
    55系はロングボディー、40系はショート・ミドルボディーと外観が大きく異なっている。
    55系は1975年に56系へとマイナーチェンジされた。
    1980年になると56系の後継モデルとしてランクル60系が登場する。

  • 60系~200系に移行するまでの歴史を見ていこう

    ランクル60系の後継モデルは1989年に登場した80系だが、60系はいまだにランクルの中古車市場の中で根強い人気を博している。
    40系の後続モデルである70系の登場が1984年で、80系の登場は1990年である。
    70系は本格派SUVとして、80系は乗用車感覚で乗れる車としてどちらも高い人気を誇っていた。
    80系は後継モデルの100系が1998年に登場したことで生産が終了した。
    高級感溢れ、なおかつ乗用車としての操作性も高い100系はランクルの人気モデルとして定着した。
    また、100系が販売された1年後には、シグナスが登場している。
    シグナスはレクサスLX470と同レベルの車で、100系と区別されている。
    100系の後継モデルが2007年登場の200系であり、現在も現行モデルは200系となっている。

特集一覧に戻る