こだわり検索

(1) 車種を選択 (?)特に車種のご指定がない場合は、
「こだわらない」又は「汎用」をご指定ください。

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

(2) パーツカテゴリを選択

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

  • 全て選択 / 全て解除

+ ホイールサイズを選択

エス シー ティー

  • 最新デモカー
シナジー正規販売代理店 だから細やかなサスセッティングが可能!
カスタマイズでサスペンションカスタムは重要項目。いくら外観を着飾っても乗り心地や操安性が悪ければ、乗っていて辛くなるだけではなく愛着が持てない。だからこそ乗り心地の核となるサスペンション選びが重要なのである。 SCT‐XWDではこれまで、ラングラーをはじめ、数多くの4WD・SUVを手がけてきた。サスペンション選びにはこだわりがあり、いまサスペンションメーカーとして注目されているシナジーMFGを正規販売する(同社ホームページでは、国際ディーラーとして掲載されている)。 シナジーMFGの特長だが、カスタマイズのメニューに合わせて、豊富ラインナップからパーツを選択できる点にある。例えば、新規にリフトアップするのであればリフトアップ用のキット選べばいいし、もしすでに他社製のキットを取付けているのであれば、これに、同社のパーツを組み合わせることも可能だ。右ハンドル用のパーツも豊富にラインナップするのもポイントで、左ハンドル用を加工する必要がないのが嬉しい。 そして、一番のキモは、SCT‐XWDが正規販売店だからこその豊富なノウハウをカスタマイズに生かしている点。乗り心地を良くしたい、走破性を上げたいなど、それぞれの要望に対してベストな答えを見つけてくれるのだ。
  • ウォーカーエバンス ビードロックホイール正規販売代理店

    数多くのレースマシンなど装着されているホイールが、ウォーカーエバンス レーシングホイールだ。オフロード走行時にタイヤの空気圧を低圧に設定できるビードロックホイールをリリースしているメーカーである。このウォーカーエバンス レーシングホイールも、SCT-XWDは正規販売代理店となっている。

  • シナジーの「ステージ3サスペンションシステム」で3インチアップしたラングラー。ポイズンスパイダーの前後バンパーやゼノンのオーバーフェンダー、ベストップ・トレックトップNX、ウォーカーエバンズのレーシングホイールなどでエクステリアがまとめられている。

    よくハイステアやステアリングフリップと呼ばれるのが、このヘビーデューティードラッグリンクのことだ。リフトアップによるドラックリンクの角度を補正するだけではなく、荷重が増えたタイヤ&ホイールにも耐え得る高い強度を誇る大容量のボールジョイントを備えている。

    リフトアップするとトラックバー(ラテラルロッド)に角度が付いてしまい操安性に影響が出る。そのため取付け位置をアップして補正を行なう。またスタビライザー(ステアリングダンパー)装着のマウントも兼ねている。

  • ポイズンスパイダーの前後バンパーに、ゼノンの1.5インチワイドフェンダーフレアでワイルドなスタイリングを手に入れた。ルーフにはリジッドインダストリーズの50インチLEDランプを装着している。

    ロングアーム化によって、ストロークに余裕が生まれるだけではなく、路面追従性も良くなりトラクションをしっかりと大地へ伝えることができる。また、ハイステア化によってドラッグリンクにも余裕が生まれる。

    このグリーンのJKラングラーにもヘビーデューティードラッグリンクを装着。リフトアップしているからこそ、操安性の確保は重要である。

    アームを延長することで、同じストローク量でもアームのスイング幅が減少することで操安性に優れる。またサスペンションストロークにも余裕が生まれ、オフロードでの走破性能アップも図ることができるのだ。写真左:フロント/写真右:リア

特集一覧に戻る